平成9876日目

2016/01/22

この日のできごと(何の日)

【FSスキーW杯ハーフパイプ】小野塚彩那選手がW杯通算2勝目

フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は22日、米カリフォルニア州マンモスマウンテンでハーフパイプ(HP)の決勝が行われ、悪天候のため1回目の得点で競われた女子は、昨季種目別覇者の小野塚彩那(石打丸山ク)が85.00点で制し、今季初勝利、W杯通算2勝目を挙げた。

Embed from Getty Images

鈴木沙織(尾瀬ク)は64.40点で4位だった。男子の日本勢は出場していない。



【ノルディックスキーW杯ジャンプ女子】高梨沙羅選手が4連勝

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会第1日は22日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(HS106メートル、K点95メートル)で個人第6戦が行われ、19歳の高梨沙羅(クラレ)が最長不倒の106メートルを飛び、143・4点で4連勝し、今季5勝目、通算35勝目を挙げた。競技は強風のため1回目終了で打ち切りとなった。《共同通信》

【日経平均終値】1万6958円53銭(前日比941円27銭高)

22日の東京株式市場は、欧州中央銀行(ECB)や日銀による追加金融緩和への期待から日経平均株価(225種)が急反騰し、終値の上げ幅はことし最大の941円を記録した。原油先物相場がいったん下げ止まったことも安心感につながって全面高の展開となり、外国為替市場では一時1ドル=118円台まで円安ドル高が進んだ。

平均株価の終値は前日比941円27銭高の1万6958円53銭。上げ幅は「中国ショック」で株価が乱高下していたさなかに1343円高をつけた昨年9月9日以来、約4カ月半ぶりの大きさとなった。《共同通信》

【週刊文春】報道ステーションに抗議文

「週刊文春」編集部は22日、甘利明経済再生相に関する報道で、テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」に抗議文を送った。週刊文春のwebサイトで明らかにした。「報ステ」は文春発売前の今月20日、翌日発売の文春が掲載した「TPP立役者に重大疑惑 甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した」の記事内容を許可なく使用し報道。その際、文春から引用したとするクレジットなどはなかった。

文春側によると、同様の報道はNHKや民放各局も行ったが、「週刊文春」から引用したことを明示していたという。報ステは21日も甘利大臣の問題を報じたが、その際も「週刊文春」と明示することなく、「週刊誌」とだけ報じたとしている。《スポーツ報知》

【衆議院】甘利氏の演説前に野党6党が退席

甘利明経済再生担当相が業者への口利きの見返りに現金を受け取ったと一部週刊誌が報じた問題をめぐり、野党は22日、安倍政権への攻勢を強めた。 首相の施政方針演説など政府4演説が行われた衆院本会議は、与野党対立のあおりで開会が1時間遅れた。

甘利氏は経済演説の冒頭、「お騒がせし大変申し訳なく思う」と陳謝したが、民主党など野党6党は演説前に本会議を退席した。《時事通信》

【福島県・内堀雅雄知事】ダボス会議で「必ず復興成し遂げる」

スイス東部ダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で22日、福島県の内堀雅雄知事が福島の再生をテーマにしたセッションに参加した。知事は「若者世代と共に挑戦し続け、難しい福島の復興を必ず成し遂げる」と訴えた。

セッションは、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興の過程で得た教訓を世界に発信するのが狙い。東京都知事を除く地方自治体の首長がダボス会議に参加するのは異例。

内堀知事は冒頭のスピーチで、福島には復興に向けて前進している明るい側面と、依然として多くの課題を抱える厳しい側面があると指摘した。《共同通信》

【北朝鮮】米大学生を拘束

朝鮮中央通信は22日、観光名目で北朝鮮に入国し「反共和国(北朝鮮)敵対行為」を行ったとして、米バージニア大の米国人学生を北朝鮮当局が拘束し、取り調べていると報じた。「米政府の黙認の下、(北)朝鮮の一致団結の基礎を崩す目的」があったとしている。

北朝鮮では、韓国系米国人が昨年10月にスパイ容疑で拘束されていたことが今月11日に明らかになったばかり。米国主導で北朝鮮の核実験に対する制裁強化の動きが活発化する中、北朝鮮側には米国に揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。《共同通信》



1月22日 その日のできごと(何の日)