平成9840日目

平成27年12月17日(木)

2015/12/17

【サッカー・澤穂希選手】引退会見

12月17日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

なでしこジャパンのMF澤穂希(37)=INAC神戸=が17日、都内で引退会見を行った。 黒のスーツに身を包んではにかみながら姿を現した澤は「このたび私、澤穂希は今季をもちまして現役を引退することを決めました。心と体が一致してトップレベルで戦うことが難しくなってきたと感じたからです」。

ここまで話した澤は、少し言葉を詰まらせ「人生の最大の決断となりましたが、悔いのないやりきったサッカー人生でした。皇后杯、最大で3試合残っています。感謝の気持ちを込めてプレーしサッカー選手・澤穂希として最後、生き様を見せたいと思います。いままで応援してくださったすべての方々に感謝したいと思います」と続けた。《スポーツ報知》

【広島・黒田博樹投手】球界最高年俸6億円でサイン

広島黒田博樹投手(40)が17日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約更改に臨み、球界最高年俸となる6億円プラス出来高(金額は推定)でサインした。広島球団でも自身の今季年俸4億円を更新する歴代最高額となった。会見の席で黒田は「すごく、想像以上に評価してもらいました」と笑顔を見せた。《日刊スポーツ》

【ケネディ駐日米大使】「辺野古が最善」

ケネディ駐日米大使は17日、日本記者クラブで会見し、名護市辺野古への新基地建設計画について「普天間移転が実現できれば大きな前進になる。今はできるだけ早く現在の計画を実施に移すべきだと思う」と述べ、新基地建設を推進する考えを示した。

【ソウル中央地裁】産経前ソウル支局長に無罪判決

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つける記事を書いたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(49)の判決公判が17日、ソウル中央地裁であり、李東根(イ・ドングン)裁判長は無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。記事は言論の自由の領域に含まれ、朴氏らを誹謗(ひぼう)する目的がなかったとした。《日経新聞》

【福井県議会】高浜原発再稼動に同意

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)について、福井県議会は17日の本会議で、再稼働が必要とする決議案を賛成多数で可決した。高浜町の野瀬豊町長と町議会は既に同意を表明しており、西川一誠知事も近く判断を示すとみられる。知事が同意すれば、再稼働に向けた地元の手続きは完了する。西川知事は本会議後、記者団に「あらゆる課題を考えて判断する」と語った。《時事通信》

【佐賀県警】サービスエリア内で下半身を露出、佐賀県議逮捕

高速道路のサービスエリアにとめた車内で下半身を露出したとして、佐賀県警佐賀署は17日深夜、公然わいせつの疑いで、佐賀県議のH容疑者(45)=自民、三養基郡基山町=を現行犯逮捕した。同署によると「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は同日午後11時5分ごろ、佐賀市金立町の長崎自動車道金立サービスエリア下り線の駐車場にとめた乗用車の運転席で、下半身を露出した疑い。

【安倍晋三首相】リオ五輪出席に意欲

安倍晋三首相は17日夜、東京都内で2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗元首相らと会食し、16年のリオデジャネイロ五輪について「次の開催国として行かなければならない」と述べ、リオ五輪出席に意欲を示した。《毎日新聞》

12月17日のできごと