2015 平成27年12月15日(火)

平成9838日目

平成27年12月15日(火)

2015/12/15

【梶田隆章教授】ノーベル賞受賞後初出勤


https://www.youtube.com/

ノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所(柏市)所長の梶田隆章教授(56)が15日、スウェーデンで開かれた授賞式後初めて東大柏キャンパスに出勤し、多くの学生や職員に出迎えられた。梶田教授は職員から花束を受け取り「皆さんに支えられながら無事過ごし、受賞することができた」とあいさつした。

出迎えた同キャンパスの学生、吉田悦子さん(46)は「東大は本郷キャンパスが注目されがちだが、柏にも良い研究者が多くいる。分野は違うが自分もがんばりたい」と意気込んだ。同研究所の研究員、川田和正特任助教は「これを機にニュートリノだけでなく他分野にも関心が集まれば。自分の研究でも良い成果を出したい」と話していた。《千葉日報》

【碧南市夫婦強殺事件】名古屋高裁、無期懲役囚に死刑判決

愛知県碧南市で1998年にパチンコ店勤務のAさん(当時45歳)と妻Bさん(同36歳)が殺害された事件などで、強盗殺人、強盗殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、H被告(40)の裁判員裁判の判決公判が15日、名古屋地裁であった。景山太郎裁判長は「冷徹に殺害行為に及び、生命軽視の態度は甚だしい」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は控訴する方針。

H被告は2007年に名古屋市千種区であった「闇サイト殺人事件」の実行犯3人の1人で、12年に無期懲役刑が確定している。無期懲役囚が別の事件で死刑判決を受けるのは異例。《毎日新聞》

【香川県】「うどんかるた」の販売を延期

香川県が作った「うどんかるた」にクレームが寄せられたため、県は15日から予定していた販売を延期した。問題になったのは「つ」の読み札「強いコシ 色白太目 まるで妻」。14日、県に「良いイメージで受け取らない人もいるのでは」と電話で指摘があったという。うどんかるたは、うどん県として売り出す香川県が初めて作製。読み札を全国から募集、約2900点から県職員、有識者による選定委員会が「あ」~「ん」の46作品を選び、12日に公表した。《朝日新聞》

【自民・公明両党】軽減税率に合意

自民、公明両党は15日、与党税制協議会を開き、2017年4月の消費税増税時に始める軽減税率制度に関し合意した。酒類と外食を除く飲食料品全般や宅配 の新聞を対象とし、外食店の出前なども税率を8%に据え置く。おもちゃの付いた菓子などの組み合わせ商品は飲食料品主体なら対象にするが、1万円をめどに価格の上限を設ける。《共同通信》

【今年の漢字】「安」


https://www.youtube.com/

2015年を表す漢字は「安」――。日本漢字能力検定協会(京都市)は15日、「今年の漢字」を京都・清水寺で発表した。森清範(せいはん)貫主(かんす)が特大の和紙に墨で書き上げた。「安」は応募12万9647通のうち最多の5632通(4・3%)。安倍政権のもとで安全保障関連法案の採否をめぐり国論を2分した点や、世界で続発したテロや異常気象、マンションの杭打ちデータ流用などで人々が不安になったことなどが理由に挙げられた。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】「安が倍増で安倍になる」

安倍晋三首相は15日、今年の漢字に「安」が選ばれたことについて「今年1年間、テロや災害が続いた。安全や安心を願う国民の気持ちが強かったことが理由ではないか」と語った。一方、自身にとっての1字を聞かれた首相は「『安』を倍にすると安倍になる」と笑顔をみせた。《毎日新聞》

12月15日のできごと