2015 平成27年9月10日(木)のできごと(何の日)

平成9742日目

2015/09/10

【茨城県常総市】鬼怒川の堤防が決壊、市街地が浸水

茨城県によると10日、常総市三坂町で鬼怒川の堤防が決壊した。台風18号の影響による大雨で増水したためとみられる。消防によると一部住宅が浸水しており、被害状況の確認を進めている。

茨城県の鬼怒川では10日午前8時までに、常総市若宮戸付近、筑西市船玉、伊佐山付近の計3カ所で堤防から水があふれ出た。国土交通省の下館河川事務所(同県筑西市)などが現場の状況を調べている。

常総市内ではブロック塀の上や建物に人が取り残された。県などによると、9日夜には境町の染谷川でも水があふれた。古河市では10日未明から朝にかけ、西仁連川の堤防と宮戸川の左岸が決壊し、周辺の田畑に水が流れ込んだ。県は自衛隊に災害派遣を要請した。《産経新聞》




【レスリング・伊調馨選手】世界選手権V10

レスリングのリオデジャネイロ五輪出場枠を懸けた世界選手権第4日は10日、米ラスベガスで男女の計5階級が行われ、女子58キロ級で伊調馨(ALSOK)が10度目の優勝を果たした。12月の全日本選手権に出場すれば4連覇を狙う五輪の代表に決まる。決勝はペトラマーリト・オッリ(フィンランド)にテクニカルフォールで圧勝した。

同63キロ級の川井梨紗子(至学館大)は2位。決勝はロンドン五輪銅メダルのバトチェチェグ・ソロンゾンボルド(モンゴル)にフォール負けしたが、銀メダル獲得で五輪代表に事実上決まった。《共同通信》

【四国IL・高知】藤川球児投手との契約は今季限り

独立リーグの四国IL・高知は10日、藤川球児投手(35)との契約が今季限りで終了し、先発する16日の徳島戦(高知市営、午後6時)が最終登板となると発表した。球団公式ホームページは「藤川球児選手との契約は、今シーズンの最終戦をもって契約が終了いたしますので、この試合が最後の登板となる予定です」と掲載。

藤川も自身のブログを更新し、「間違いなく、高知ファイティングドッグスでは最後の試合登板になりますので、野球少年少女を連れて見に来て下さい!」と呼びかけた。《日刊スポーツ》

【ワタミ】介護事業を売却へ

外食チェーン大手のワタミは10日、子会社で手掛ける介護事業の売却を検討しているとのコメントを発表した。「現時点で決定した事実はない」としながらも「介護事業の譲渡に関する協議をしている」と認めた。

損害保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングスも「ワタミグループの介護事業買収について検討を行っている」とのコメントを出した。

ワタミが介護事業の売却に向けた入札を実施し、損保ジャパン日本興亜ホールディングスが参加したことが判明している。ワタミは戦略的に進めてきた事業の多角化を見直し、居酒屋「和民」を中心とする飲食分野に経営資源を集中する。

【東京証券取引所】日本郵政グループ3社の株式上場を承認

東京証券取引所は10日、日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社の上場を承認した。11月4日に上場する。売り出し価格の想定に基づく時価総額は合算して13兆円を超え、昭和62年に上場したNTT(24兆9600億円)に次ぐ規模になる。3社合計で約1兆4千億円分が国内外で売り出される。《産経新聞》

9月10日/のできごと

シェアする

フォローする