平成9735日目

2015/09/03

【中国】抗日戦勝70周年記念式典

中国の習近平政権は3日、天安門広場で「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」の記念式典と軍事パレードを行った。軍事パレードは建国60年の2009年以来、6年ぶり。習国家主席は式典の演説で「偉大な勝利で世界の大国としての地位を改めて確立した」と述べ、第2次大戦の「戦勝国」としての地位を誇示した。安倍首相や主要な欧米の首脳は参加を見送った。

式典は午前10時に70発の礼砲で始まった。ロシアのプーチン大統領、韓国の朴槿恵大統領など計31か国の元首・首脳級を含む約50か国の代表が出席し、パレードを観閲した。また国連の潘基文事務総長のほか、個人の立場で村山富市元首相も参加した。《読売新聞》



【村山富市さん】中国で緊急入院、抗日式典に参加せず

中国の「抗日・反ファシズム戦勝70年」の記念式典に出席するため北京を訪問している村山富市元首相が3日、体調不良のため現地で入院し、式典に参加しなかったことがわかった。村山氏は政府とは無関係の立場で出席する予定だった。中国メディアが伝えた。《日経新聞》

【インドネシア政府】高速鉄道計画の見直しを発表

インドネシアのナスティオン調整相(経済)は3日夜、日本と中国が受注を競うジャワ島の高速鉄道計画について「ジョコ大統領は、高速鉄道は必要ないと判断した」と述べ、両国の事業案とも採用しない考えを示した。ジョコ氏と電話で協議後、記者団に明らかにした。

ジョコ大統領は3日夕、記者団に「高速鉄道整備は必要だ」と述べており、短時間で方針を一転させたことになる。ジョコ氏は、判断を変えた理由を明確に説明していない。

ナスティオン氏は、日中が事業化調査を行った首都ジャカルタからバンドンまでの区間約150キロでは、高速鉄道の性能を生かし切れないと指摘した。《共同通信》

【橋下徹大阪市長】新党代表に松井知事を指名

維新の党を離党した橋下徹大阪市長は3日、結成を目指す新党の代表に松井一郎大阪府知事を事実上指名した。「知事しかいない」と市役所で記者団に語った。自身の代表就任や12月の市長任期満了後の政界復帰を否定する一方、今後の進退を繰り返し問われ「将来のことを言うのはやめる。自由にする」と述べた。《共同通信》



9月3日のできごと