平成9632日目

2015/05/23

この日のできごと(何の日)

【この日の安倍総理】

太平洋・島サミット

日本と太平洋地域の島しょ14カ国の首脳らが集まった太平洋・島サミットは23日、海洋秩序の維持などでの協力を盛り込んだ共同宣言を採択して閉幕した。安倍晋三首相は記者発表で、島しょ国への関与を強める中国を念頭に法の支配の原則を確認したと強調。太平洋の島しょ地域でも日本と中国がせめぎ合う構図を浮き彫りにした。

5月23日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】島サミットで「法の原則」強調
https://www.kantei.go.jp/

共同宣言は「福島・いわき宣言」と題し、(1)防災(2)気候変動(3)環境(4)人的交流(5)持続可能な開発(6)海洋・漁業(7)貿易・投資・促進――の7分野での協力強化を打ち出した。首相は今後3年間で550億円以上の援助を表明。「私たちの友好と協力の関係をさらに高い次元に引き上げるための礎になった」と訴えた。《日経新聞》



【スターバックス】鳥取進出1号店オープン、開店前に1000人が列

鳥取にはスナバもスタバもある―。全国で唯一、米系大手コーヒー店チェーン、スターバックスコーヒージャパン(東京)の店舗がなかった鳥取県で、23日、鳥取市のJR鳥取駅南側にスタバの店舗がオープンした。店舗近くには前日の昼ごろから、徹夜組を含め約千人の列ができた。

一方、「スタバよりもまずいと言われたら無料にする」などのキャンペーンで対抗する地元のすなば珈琲鳥取駅前店にもプレゼントのマグカップ目当てに30人の行列ができた。鳥取県では、スタバがないことについて平井伸治知事が鳥取砂丘を砂場に例え「スタバはないけど日本一のスナバはある」と発言、話題となった。《共同通信》

【サッカー・川島永嗣選手】スタンダール退団を明言

ベルギー1部スタンダールの日本代表GK川島永嗣(32)が23日、退団を明言した。練習後、報道陣に対応し、明かした。川島は不振から今季途中で正GKの座を奪われ、昨年10月19日のワーレゲム戦以降は公式戦出場2試合にとどまっていた。《日刊スポーツ》

【民主党】安保、労働法制の成立阻止

民主党が、後半国会の焦点である安全保障関連法案と労働法制の成立阻止を図るため、全国キャンペーンを本格化させている。枝野幸男幹事長は23日、栃木県内で街頭演説し「安倍晋三首相の暴走を止める。後押ししてほしい」と支援を求めた。国会では議員数で劣勢に立たされているだけに、頼みとする世論を喚起して巻き返しを狙う。

枝野氏は、栃木県益子町と宇都宮市で相次いで演説した。労働者派遣法改正案について「非正規社員が増え、正社員の賃金や待遇も押し下げられる」と問題点を指摘。集団的自衛権行使を認める安保関連法案に関し「国民が戦争に巻き込まれる恐れだって十分ある」と訴えた。《共同通信》

【自民党・二階俊博総務会長】中国・習近平主席と面会

中国を訪問している自民党の二階俊博総務会長は23日、北京市内で開いた日中交流行事の際、同席した中国の習近平国家主席に安倍晋三首相の親書を手渡した。両氏はその後、短時間、立ち話の形で面会した。二階氏によると、習氏は日中両国が戦略的互恵関係を進めていけば関係は改善するとの認識を示した。

交流行事は二階氏が会長を務める全国旅行業協会などを中心とする訪中団側が主催した「中日友好交流大会」。中国側が協力して人民大会堂で開いた。二階氏は過去にも大規模な訪中団を率いて同様の交流行事を開き、中国指導部が出席したことがある。《日経新聞》

【中国、台湾】金門島で閣僚級会談

中国と台湾は23日、台湾の離島、金門島で閣僚級の公式会談を行った。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への台湾参加や貿易自由化などについて協議したが、大きな進展はなかった。

中台閣僚級会談は昨年2月に中国・南京で1949年の中台分断後初めて開かれ、今回で3回目。台湾の夏立言・大陸委員会主任委員(閣僚)と、中国の張志軍・国務院(政府)台湾事務弁公室主任(閣僚級)が出席した。

金門島は中国大陸からわずか数キロに位置する、台湾のかつての軍事拠点。《共同通信》



5月23日 その日のできごと(何の日)