平成9623日目

2015/05/14

【安保関連法案】閣議決定

政府は14日の臨時閣議で、集団的自衛権の行使容認を含む新たな安全保障法制の関連法案を決定した。安倍晋三首相は閣議後に記者会見し、北朝鮮による核・ミサイル開発などを挙げ「厳しい現実から目を背けることはできない。日本人の命と平和な暮らしを守るため、あらゆる事態を想定し、切れ目のない備えを行う」と法制化の必要性を強調した。政府は15日に法案を衆院へ提出し、今月下旬から与野党の論戦が本格化する。《産経新聞》

【安倍晋三首相】「『戦争法案』などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤りだ」

5月14日は何の日【安倍晋三首相】「『戦争法案』などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤りだ」
https://www.youtube.com/

安倍晋三首相は14日夕、「国際平和支援法案」など新たな安全保障関連法案を閣議決定したことを受けて首相官邸で記者会見し、米国の戦争に巻き込まれるとの指摘に対し「そのようなことは絶対にあり得ない」と述べた。その上で「『戦争法案』といった無責任なレッテル貼りは全くの誤りだ。日本人の命と平和な暮らしを守るため、切れ目のない備えを行うのが今回の法案だ」と強調した。《産経新聞》

【シャープ】最終損益が2223億円の赤字

経営再建中のシャープが14日発表した平成27年3月期連結決算は、最終損益が2223億円の赤字(前期は115億円の黒字)に転落した。決算短信に「継続企業の前提に関する重要な疑義」があると記載。本社単体では、負債が資産を上回る債務超過に陥り、事業存続が危ぶまれる状態だ。《産経新聞》

5月14日/のできごと