平成9622日目

2015/05/13

【DeNA・中畑清監督】監督通算200勝達成

DeNAは同点で迎えた七回、石川雄洋内野手(28)が今季1号となる勝ち越し2ランを放つなど中日に逆転勝ち。中畑清監督(61)は、監督通算200勝を飾った。DeNAは3-3の同点で迎えた七回一死一塁から、石川が田島の初球、146キロの真っすぐを右翼スタンドへ運ぶ今季1号2ランを放ち、勝ち越しに成功。八回には二死二塁から、荒波が適時二塁打を放ち6-3とリードを広げた。九回は守護神・山崎康が3人斬りでゲームを締めた。

逆転勝利の中畑監督は「先行されても、なんかやってくれるかな、というムードがある。やっていて楽しいね。こんなんでいいのかと思うくらい。日替わりのヒーローが出てくるってことがメチャいいね。最高です。ナイスゲーム」と大喜び。監督通算200勝には「やったー!! 大したことですよ僕にとっては。200(勝)もできるまでやらせてもらって、ありがとうございました」と最後まで上機嫌だった。《サンスポ》

【岩手・花巻市】震度5強

13日午前6時12分ごろ、宮城県沖を震源とする強い地震があり、岩手県花巻市で震度5強を観測した。気象庁によると、震源の深さは46キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・8と推定される。気象庁は、東日本大震災の余震とみており、震度5強以上を記録したのは今年2月の地震以来で、21回目になる。津波は発生しなかった。《朝日新聞》

【トヨタ自動車・マツダ】包括提携発表

トヨタ自動車とマツダは13日、環境や安全技術分野を軸に包括提携すると正式発表した。トヨタの燃料電池車(FCV)技術、マツダのガソリンやディーゼルエンジンの高出力・低燃費技術を相互に供与する方向だ。互いに得意な技術やノウハウを持ち寄り効率的な開発を進め、世界で厳しくなる環境規制対応や安全対策などで先手を打つ。自動車大手が資本関係なしで幅広く提携するのは異例だ。

トヨタの豊田章男社長とマツダの小飼雅道社長が同日夜、都内で記者会見して発表した。今後、両社で検討委員会を立ち上げて具体的な提携内容を詰めていく。

例えば環境分野ではトヨタが家庭の電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)、FCVといったエコカーの技術をマツダに供与することなどを想定。マツダは独自の環境技術で定評がある「スカイアクティブ」をトヨタに提供する方向で検討する。共同で技術開発や改良を進め、巨額の投資が必要になるエコカーの開発・製造や自動ブレーキといった先進的な安全技術分野での負担軽減を狙う。《日経新聞》

【菅義偉官房長官】「友好国の首相を名指ししての決議は非礼」

菅義偉官房長官は13日の記者会見で、安倍晋三首相の米議会での演説に対し、韓国国会が「歴史や慰安婦問題に対する反省がない」と非難する決議を全会一致で採択したことについて、「友好国の首相を名指しする形の決議は非礼と言わざるを得ない」と批判した。

菅氏は「首相は米議会でわが国の歴史認識をしっかり発言し、米国から大きな評価をいただいた。こうした事実を全く踏まえず国会決議が行われたことは誠に遺憾だ」と不快感をあらわにした。《産経新聞》

【安倍晋三首相】ベルギー首相と会談

5月13日は何の日【安倍晋三首相】ベルギー首相と会談
http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は13日、ベルギーのミシェル首相と官邸で会談し、国連安全保障理事会改革やテロ対策など、国際社会の共通の課題に協力して対処すると確認した。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)締結交渉の年内合意に向けた連携強化でも一致した。

会談後の共同記者発表で、安倍首相は「ベルギーは日本にとって欧州第三の投資先で、重要な活動拠点だ」と強調。来年に両国の外交関係樹立150周年を迎えるのを踏まえ「政治や経済、文化など幅広い分野で両国の交流を一層発展させたい」と意欲を示した。《共同通信》

5月13日/のできごと