平成9619日目

2015/05/10

【レッドソックス・上原浩治投手】日米通算100セーブ達成

米大リーグ、レッドソックスの上原浩治投手(40)は10日、トロントでのブルージェイズ戦で6-3の九回を無安打無失点で締め、今季6セーブ目を挙げて日米通算100セーブを記録した。日米合わせて129勝をマークする上原は「100勝100セーブ」達成の投手となった。

Embed from Getty Images

勝利とセーブの内訳は、プロ野球巨人で112勝33セーブ、大リーグで17勝67セーブ。プロ野球での「100勝100セーブ」達成者は江夏豊、山本和行、斉藤明夫、郭源治、大野豊、佐々岡真司の6人。楽天に所属する斎藤隆は日米通算で到達している。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【大阪府警】全裸強要、暴行、大商大日本拳法部元主将ら3人を逮捕

大阪商業大(大阪府東大阪市)の日本拳法部で暴力行為や未成年者の飲酒があったとされる問題で、2年生の男子部員(19)に暴行を加えたり、酒の一気飲みなどを強要したとして、大阪府警捜査1課と布施署は10日、傷害や強要容疑などで大商大4年で同部元主将、Y容疑者(21)と元部員で2年の少年(19)を逮捕した。また、傷害と暴力行為法違反容疑で元部員で3年のA容疑者(20)も逮捕。

Y容疑者はおおむね容疑を認め「態度が生意気だと感じ、下級生に示しがつかないと思った」などと供述。ほかの2人は容疑を一部否認している。 Y容疑者の逮捕容疑は3月6~8日、学内で合宿中、男子部員の顔を浴槽に数回沈めたり、頭突きなどで軽傷を負わせたりしたほか、酒の一気飲みや全裸にさせて下半身を他の部員に押しつけることを強要したとしている。

また、全身に落書きし、背中をライターであぶったりしたという。府警はこのほか、19~21歳の部員2人も事件に関与したとみて暴力行為法違反容疑で書類送検する方針。《産経新聞》

【うつみ宮土理さん】会見

先月15日に肺がんのため死去したタレントの愛川欽也さん(享年80)の妻でタレントのうつみ宮土理(71)が10日、東京・中目黒のキンケロ・シアターで愛川さんの死去後、初めて公の場に姿を見せ、会見した。まだ悲しみが癒えていないうつみは時折、感情を高ぶらせながらも「愛川欽也と結婚できたことは私の最高の幸せでした」と涙ながらに心境を語った。《スポーツ報知》

【大相撲夏場所初日】横綱白鵬、3年ぶりの初日黒星

大相撲夏場所初日(10日・両国国技館)史上初となる2度目の7連覇を目指す横綱白鵬が小結逸ノ城に突き落とされる波乱のスタートとなった。初日に黒星を喫するのは2012年夏場所以来3年ぶり。

横綱日馬富士は小結栃煌山を上手投げで下し、大関陣はいずれも白星発進。稀勢の里は宝富士を寄り切り、琴奨菊は栃ノ心を下手投げで、豪栄道は豊ノ島を寄り切りで退けた。《共同通信》

【民主党・細野豪志政調会長】天下取り「険しい」

民主党の細野豪志政調会長が率いる派閥「自誓会」(14人)が10日、愛知県岡崎市で合宿を行った。次期代表選をにらみ、徳川家康生誕の地で結束を強化するのが目的だ。ただ、派閥に否定的な岡田克也代表の警戒に加え、党内では蓮舫、長妻昭両代表代行ら1月の代表選で岡田氏支持に回った幹部の影響力が高まっており、細野派の孤立化を指摘する声もある。

細野氏は10日、岡崎城の天守閣の真下で、家康との結束力で名高い家臣団らの「演舞」を見物した。家康役の男性と一緒に勝ちどきを上げる場面もあった。細野氏は記者団から「天下取り」について聞かれると、「家康はしたたかに理念を持って最後までやりきった」と述べつつ、「民主党にとっても、私にとっても道は険しい…」と思わず本音を漏らした。《産経新聞》

【F1・スペインGP】決勝

自動車のF1シリーズ第5戦、スペイン・グランプリ(GP)は10日、スペインのモントメロで決勝が行われ、ポールポジション(PP)から出たニコ・ロズベルク(ドイツ、メルセデス)が今季初勝利で通算9勝目を挙げた。

マクラーレン・ホンダ勢はジェンソン・バトン(英国)が16位、地元のフェルナンド・アロンソ(スペイン)は途中でリタイアした。ルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)が2位、セバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)が3位で続いた。《共同通信》

【韓国政府】対日外交で特別チーム

聯合ニュースは10日、韓国政府が最近、外務省内外の専門家らを中心に、対日外交方針を話し合うタスクフォース(作業部会)を設置し、定期的に会議を開いていると報じた。複数の政府関係者の話としている。

与党セヌリ党が4月、日本が竹島(韓国名・独島)の領有権主張を強化しているとして政府に「積極的な対応」を求める中で作業部会の設置を要求した。

領土・歴史問題での「対応強化」の性格を帯びるが、日本が米国や中国と首脳外交を進める中、歴史問題を理由に日韓首脳会談に応じない朴槿恵政権に柔軟性を求める声も上がっており、対日外交の転換を議論する可能性もある。《共同通信》

【ネパール大地震】死者8100人超

ネパール警察当局は10日、大地震による国内の死者が8019人になったと明らかにした。近隣国と合わせ、死者数は8100人を超えた。

負傷者は1万7871人で、全半壊した建物数は約57万戸。余震などによるさらなる建物倒壊が懸念されており、政府当局は激しく損壊した建物の解体を進める方針だ。《共同通信》

【イエメン】フーシ派側が停戦合意

イエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」と連携するイエメン軍報道官は、対立するサウジアラビアが提案する人道目的の停戦に合意すると発表した。フーシ派が掌握する国営サバ通信が10日、声明を報じた。

フーシ派と衝突するハディ暫定大統領派を支持するサウジは、フーシ派が戦闘停止に合意すれば、12日深夜から5日間の停戦を開始すると提示していた。停戦実現の可能性が高まるが、サウジ側は空爆を継続しており、予断を許さない状況だ。《共同通信》

【ドイツ、ロシア】「第2次大戦の評価共有」

ロシアのプーチン大統領は10日、モスクワを訪問したドイツのメルケル首相と会談後に共同記者会見し、第2次大戦の独ソ戦をめぐり「われわれは出来事の評価、歴史的教訓を共有している」と述べた。メルケル氏はナチス・ドイツについて「われわれの罪により、何百万もの人々が命を失った」として「歴史的責任」を強調した。

両首脳は一致した歴史認識をアピールすることで、緊張が続くウクライナ情勢などの懸案解決につなげる狙いがあるとみられる。

両首脳は会談に先立ち、第2次大戦で犠牲となった旧ソ連軍兵士を慰霊する「無名戦士の墓」への献花式に臨んだ。《共同通信》



5月10日 その日のできごと(何の日)