平成9618日目

2015/05/09

【長野・善光寺】法要中にドローンが落下

9日午前10時50分ごろ、御開帳の関連行事「中日庭儀大法要」が行われていた長野市の善光寺境内に、ドローンとみられる小型の機体が落下した。けが人はなかった。長野県警長野中央署が機体を回収し、所有者を探している。

同署によると、機体は縦25センチ、横29センチ大でカメラ付き。法要中のため参拝・観光客の立ち入りは規制されていた。機体は、僧侶らによる複数の行列の間の石畳上に落ちた。4〜5メートル先に機体が落下した福島県の女性(76)は「プロペラの音は聞こえず、目の前にいきなり落ちてきて驚いた。恐ろしかった。人がいない場所でよかった」と話した。《毎日新聞》

長野市の善光寺の境内に9日、小型無人機「ドローン」が法要中の境内に落下した問題で、県警長野中央署は同日、ドローンを飛ばしたのは横浜市の少年(15)と判明したと発表した。署によると、少年は「行事を撮影しようとドローンを飛ばしていたら風にあおられて落下してしまった」と話し、署員が厳重注意して帰宅させた。ドローンの機体は署で保管している。《産経新聞》



【ボクシング・長谷川穂積選手】1年ぶりの復帰戦で判定勝ち

プロボクシング元世界2階級王者の長谷川穂積(34=真正)が9日、神戸市立中央体育館で行われたフェザー級ノンタイトル10回戦でWBCスーパーバンタム級9位のオラシオ・ガルシア(24=メキシコ)と対戦。3―0判定で勝利し、昨年4月以来1年ぶりの復帰戦を飾った。

29戦全勝、KO率72%の強打者ガルシアを打ち破った。軽快なフットワークと巧みなコンビネーションでペースをつかんだ。相手の強烈な右を封じ、小刻みに左を当てて追い詰めた。

昨年4月の国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチで7回TKO負けを喫して以来、約1年ぶりの復帰戦。4月27日のスパーリングで右足首を捻挫するアクシデントに見舞われたが、乗り越えた。《スポニチ》

【北朝鮮】潜水艦ミサイルの発射実験「完全に成功」

北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、戦略潜水艦弾道ミサイルの水中発射実験に「完全に成功した」と報じた。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験の成功が伝えられたのは初めて。真偽は不明。朝鮮人民軍最高司令官の金正恩第1書記が「陸地から遠く離れた実験場」で「発射開始」の命令を下したという。

今年2月、米戦略軍司令官が下院軍事委員会で、北朝鮮がSLBMの開発を進めていると証言していた。北朝鮮がSLBMの開発に成功すれば、大陸間弾道ミサイル(ICBM)のほかに核兵器の運搬手段を保有することになる。

場所は明らかにされていないが、東部の咸鏡南道・新浦にあるとされる潜水艦発射ミサイル実験施設とみられる。聯合ニュースによると、新浦では2月、ミサイルを垂直に発射する垂直発射管による射出実験が行われた。昨年11月には、ロシアから輸入した潜水艦を基に北朝鮮がSLBMを搭載できる新型潜水艦を建造したと報じられていた。《産経新聞》

【首都高湾岸線】79歳女性の乗用車が逆走

9日午前0時15分ごろ、東京都大田区羽田空港の首都高速道路湾岸線東行きのトンネルで、相模原市の無職女性(79)の乗用車が逆走し、埼玉県春日部市の男性会社員(24)の乗用車と衝突した。2人は胸などを打ち、いずれも軽傷。警視庁高速隊によると、女性は「なぜここを走っていたのか分からない」と話している。《産経新聞》

【中谷元防衛相】沖縄県・翁長雄志知事と会談

中谷元・防衛相は9日午前、沖縄県庁で翁長雄志知事と会談した。中谷氏の沖縄訪問は防衛相就任後初めて。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設は「唯一の解決策」という安倍政権の方針を改めて伝えた。県内移設反対を掲げる翁長氏は「かたくなに固定観念に固執するべきではない」などと強く反発し、会談は平行線のまま終わった。《朝日新聞》

【安倍晋三首相】「TPP、出口見えた」


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は9日、日米両国の政財界人が参加する「パシフィック・ビジョン21」東京会合の昼食会であいさつし、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の締結に意欲を示した。

「最終的な出口が見えてきた。日米が協力してアジア太平洋地域にしっかりとしたルールを作り、人、モノ、資本が自由に飛び交う経済圏をつくりたい」と述べた。《毎日新聞》



5月9日のできごと