2015 平成27年1月5日(月)のできごと(何の日)

平成9494日目

平成27年1月5日(月)

2015/01/05

【朝日新聞】改革策を発表


https://www.youtube.com/

従軍慰安婦や東京電力福島第1原発事故に関する記事の取り消しなど一連の問題で、朝日新聞社は5日、社外からも人材を起用して報道内容を点検する「パブリックエディター制度」の導入や、訂正記事をまとめて掲載するコーナーの新設を柱とする改革策を発表した。東京都内で記者会見した渡辺雅隆社長は「真実に対する謙虚さが欠けていた。信頼に応えられるよう力の限りを尽くしたい」と述べた。《共同通信》




【トヨタ自動車】燃料電池車に関する特許を無償提供へ

トヨタ自動車は5日、同社が持つ燃料電池車の関連特許約5680件をすべて無償で提供すると発表した。「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車を定着させるためには、トヨタ1社の努力では不十分と判断。早期に普及させるためにライバル同士や業界の垣根を超えた開発競争を促す、極めて異例の取り組みに打って出る。《日経新聞》

【J1・鹿島】柳沢敦氏のコーチ就任を発表

元日本代表FWで、昨年J1仙台で現役を引退した柳沢敦氏(37)が、古巣のJ1鹿島のトップチームコーチに就任することになった。鹿島と仙台が5日、発表した。柳沢は「プロとして第一歩を踏み出したクラブに戻り、指導者として新たなキャリアをスタートできることを光栄に思います」とコメントした。《朝日新聞》

【北海道】男の喫煙で特急列車が臨時停車

5日午後2時55分ごろ、JR根室線の池田―豊頃間を走行中の札幌発釧路行き特急スーパーおおぞら5号(乗客222人)車内で、乗客の60代の男が座席で喫煙したことからトラブルになり、列車は本来の停車駅ではない十勝管内浦幌町の浦幌駅で1時間半以上にわたり臨時停車した。この特急を含めて計3本に遅れが生じ、帰省客ら約620人に影響が出た。

池田署は6日未明、車内で喫煙した男が、注意した車掌と口論になった際、自分の座席に据え付けられたトレーを壊したとして、器物損壊の疑いで、この男を逮捕した。JR北海道は2006年から全列車を全面禁煙にしている。男は浦幌駅で池田署員に引き渡され、同署で事情聴取を受けていた。《北海道新聞》

【築地初競り】大間産クロマグロ、451万円で落札


https://www.youtube.com/

新春恒例の初セリが5日、東京・築地市場で開かれ、青森・大間町産のクロマグロは最高値で1匹451万円(180.4キログラム)だった。1キロあたりでは2万5千円で、昨年より2割安かった。落札者はすしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京・中央)で、4年連続だった。大間産マグロの市場への入荷量も例年に比べ多かったという。喜代村の木村清社長は「あまりに安く落札できたのが意外だった。脂ののり方や形など一番良いマグロを調達できて満足」と話した。《日経新聞》

【麻生太郎財務相】「まだカネをためたいなんて、ただの守銭奴にすぎない」

麻生太郎財務相がの信託協会の新年賀詞交歓会で行ったあいさつで、企業の内部留保蓄積が328兆円にまで膨らんでいることを指摘し、「まだカネをためたいなんて、ただの守銭奴にすぎない」と批判したことが6日明らかになった。

守銭奴はカネに執着する人を指す。「守銭奴」発言は、企業に内部留保を賃上げや設備投資に回すよう求める中で出たもので、財務相は「ある程度カネを持ったら、そのカネを使って何をするかを考えるのが当たり前。今の企業は間違いなくおかしい」とも語った。

この発言について麻生財務相は6日の記者会見で、「(内部留保積み上げは)デフレ不況と戦う中で好ましいとは思わない。利益が出れば賃上げ、配当、設備投資に回すことが望ましいということを説明する趣旨で申し上げた」と述べた。《時事通信》

【安倍晋三首相】年頭会見


https://www.youtube.com/

「本年は、戦後70年の節目の年に当たります。先の大戦では、たくさんの先人たちが祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、お亡くなりになられました。その尊い犠牲の上に、私たちの現在の平和があります。平和国家としての歩みはこれからも決して変わることはありません。国際情勢が大きく激変する中 で、その歩みをさらに力強いものとする、国民の命と幸せな暮らしは、断固として守り抜いていく。そのための新たな安全保障法制を整備してまいります」

【吉行あぐりさん】死去

NHK連続テレビ小説「あぐり」のヒロインのモデルとなった美容家の吉行あぐりさんが5日、死去した。107歳だった。密葬は近親者のみで行った。長男は作家の故淳之介さん、長女は女優の和子さん、次女は作家の故理恵さん。

岡山市出身。15歳で作家の故エイスケ氏と結婚し、淳之介さんを出産。その後上京し、1929年に東京・市谷に美容院を開業。子供3人を育てながら、美容家の草分けとして活躍した。85年に自伝「梅桃(ゆすらうめ)が実るとき」を刊行し、これを基に97年に「あぐり」がドラマ化された。《日経新聞》

1月5日のできごと

シェアする

フォローする