平成9432日目

2014/11/04

【プロ野球・阪神】新井貴浩内野手の退団が決定

阪神・新井貴浩内野手(37)が4日、兵庫県西宮市内の球団事務所を訪れ、球団へ自由契約を申し出た。南信男球団社長が報道陣の取材に応じ、「けさ、あいさつに来た。自由契約で」と明らかにした。新井は今季で3年契約が切れ、球団からは野球協約で定められた減額制限(年俸1億円以上の場合は40%)を超える、1億3000万円減となる年俸7000万円の条件提示を受けていた。07年オフのFA移籍から7年。野球人生を懸けた重い決断を下し、新たな環境で復活を目指すことになる。《スポニチ》




【京都大学】警察官を学生らが取り囲む

4日午後0時20分ごろ、京都市左京区の京都大学で、無断で構内に立ち入った京都府警の私服警察官を学生らが一時取り囲む騒ぎがあった。京大と府警の間には、大学自治の観点から警察官が学内に入る際は事前通告するなどの申し合わせがあったが、守られていなかったという。京大はこの警察官に説明を求め、「事前通告なしに警察官が立ち入ることは誠に遺憾」とのコメントを出した。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】訪朝団の意義を強調

安倍首相は4日の参院予算委員会で、北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査を巡って日本政府代理団を訪朝させたことについて「国家安全保衛部の副部長という人物が世の中に(公然と)姿を表したのは今回が初めてだ」と述べ、意義を強調した。

戦後最悪となった御嶽山の噴火災害については、中央防災会議の下に専門家で構成する「火山防災対策推進ワーキンググループ」を設け、今年度中に総合的な火山防災対策を取りまとめる方針も示した。《読売新聞》

11月4日/のできごと