平成9426日目

2014/10/29

【民主党・枝野幸男幹事長】収支報告書記載漏れが明らかに

民主党の枝野幸男幹事長(50)=衆院埼玉5区=の後援会「アッチェル・えだの幸男と21世紀をつくる会」が2011年分の政治資金収支報告書に、11年2月の新年会の会費収入約243万円を記載していなかったことが29日、分かった。枝野氏は記載ミスだとして謝罪、29日中に報告書を訂正した。

新年会は11年2月6日、さいたま市内で開催。会費5000円を徴収し、487人が参加した。報告書には会場費として207万5000円の支出を記載したが、収入分の記載がなかった。

枝野氏は29日、国会内で記者団に、記載漏れに気付いて修正しながら誤って修正前の書類を提出してしまったと説明し、「最終チェックでも気付かなかった」と釈明した。

一方、枝野氏が長年にわたり自身の名前入りの「のぼり」を立てて街頭演説をしていたことも判明。枝野氏周辺がインターネット上に写真を投稿していた。総務省などによると、名前入りの旗を掲示できるのは事務所などに限られ、街頭での掲示は公職選挙法に抵触する可能性がある。

枝野氏は29日、産経新聞の取材に「政治活動のための演説会では許されるとの認識だ。一度も警告は受けていない」と述べ、違法性はないとの認識を示した。《産経新聞》

民主党の枝野幸男幹事長に“ブーメラン”が突き刺さった。29日に明らかになった枝野氏の政治資金収支報告書の記載漏れと、公職選挙法に抵触しかねない名前入りの「のぼり」の街頭掲示。9月の幹事長就任以来、安倍晋三政権との対決色を強める枝野氏は自らの収支報告書の誤りを釈明しつつも、今後も閣僚の「政治とカネ」の問題を追及する姿勢を崩していない。

「はなはだ軽率なミスで大変恥ずかしい」

枝野氏は29日、国会内で記者団にこう語り、自らの後援会の新年会で約243万円の収入を収支報告書に記載しなかったことを低姿勢でわびた。民主党内には「政治とカネ」で閣僚の「辞任ドミノ」を狙い、「返り血を浴びてでも追及する」との意見も出ている。それが党ナンバー2に降りかかる皮肉な事態になったわけだ。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【中島みゆきさん】シングル「麦の唄」発売

【トヨタ・エクスファイア】発売


https://www.goo-net.com/

【MLBワールドシリーズ】ジャイアンツ、2年ぶり8度目の制覇

米大リーグ(MLB)は29日、ワールドシリーズ(7回戦制)の第7戦を行い、ジャイアンツ(ナショナル・リーグ)が青木宣親外野手のロイヤルズ(アメリカン・リーグ)を3─2で破り、2年ぶり8度目のシリーズ制覇を果たした。《ロイター》

【皇太子妃雅子殿下】11年ぶりに宮中晩餐会に出席

天皇、皇后両陛下は29日、国賓として来日したオランダのウィレム・アレキサンダー国王夫妻を歓迎する宮中晩餐(ばんさん)会を皇居・宮殿の豊明殿で開き、皇太子ご夫妻を始め皇族方、安倍晋三首相ら163人が出席した。長期療養中の皇太子妃雅子さまが宮中晩餐会に出席したのは11年ぶり。《朝日新聞》

【この日の安倍総理】

閣僚らの政治資金問題「撃ち方やめに」

安倍晋三首相は29日、自民党の萩生田光一総裁特別補佐と党本部で会談し、閣僚や枝野幸男民主党幹事長らの政治資金問題を念頭に「誹謗中傷合戦は国民の目から見て美しくない。『撃ち方やめ』になれば良い」と語った。

菅義偉官房長官は記者会見で、枝野氏の後援会が、2011年分の政治資金収支報告書に新年会の会費収入を記載していなかったことに関し「疑念が生じることがあれば、説明責任を果たすべきだ」と述べた。

同時に「個々の政治家が責任を自覚し、国民に不信を持たれないよう襟を正すことが大事だ」と指摘。その上で「国民は建設的な政策論争を望んでいる」と強調した。《共同通信》

【福田康夫元首相】習近平国家主席と面会

中国を訪問している福田康夫元首相は29日、北京の人民大会堂で、理事長を務める中国政府主導の国際会議「ボアオ(博鰲)アジアフォーラム」の理事らとともに、習近平国家主席と会った。

習氏の国家主席就任後、両者の面会は昨年4月、今年7月に続き3回目。中国メディアによると、習氏は「中国はこれからも改革開放と平和発展の道を歩み続ける」などと発言した。福田氏は面会後に記者団に「日中の2国間についての話は一切していない。もう少し大局的な見地から話をした。いい会談だった」と話した。《産経新聞》

【北朝鮮】TBS取材拒否

北朝鮮当局が29日午前の日朝協議について、日本政府代表団に同行したTBS記者による冒頭取材を拒否したことが分かった。北朝鮮側は同社の報道内容を問題視している。日朝双方の関係者が明らかにした。TBS広報部は「事実関係を確認中」としている。

北朝鮮関係者は「28日夜に放送された番組の一部に、北朝鮮の体制を批判するような不適切な表現が含まれていた」と話した。北朝鮮は外国メディアによる取材を厳しく制限している。

関係者によると、報道陣が宿泊先のホテルから協議が行われる特別調査委員会庁舎へ移動する際、北朝鮮側はTBS記者の車への乗り込みを認めなかった。《共同通信》



10月29日 その日のできごと(何の日)