2014 平成26年10月2日(木)のできごと(何の日)

平成9399日目

2014/10/02

【パ・リーグ】ソフトバンクが十回サヨナラ勝ちで優勝

オリックス1-2ソフトバンク◇2日◇ヤフオクドーム

首位ソフトバンクが今季最終戦で2位オリックスを延長の末、サヨナラで下して3年ぶり18度目のリーグ優勝を決めた。優勝マジック点灯の可能性があった9月17日から1勝9敗で、今季ワーストの5連敗中のなか、最後の最後につかんだ覇権。マジック点灯なしからの優勝は92年のヤクルト以来22年ぶりとなった。《スポニチ》




【典子さま】結婚を控え皇居で朝見の儀

ご結婚を5日に控えた高円宮妃久子さまの次女、典子さまは2日、皇居・宮殿「松の間」で、天皇、皇后両陛下に感謝の言葉を伝える「朝見(ちょうけん)の儀」に臨まれた。

ローブデコルテに勲章、ティアラという正装で両陛下の前に進んだ典子さまは「長い間、深いご慈愛を持ってお導きくださいましたことを謹んで御礼申し上げます」と述べられた。《産経新聞》

【プロ野球・西武】来季監督に田辺徳雄氏

西武は2日、田辺徳雄監督代行(48)が来季監督に就任すると発表した。田辺監督代行は中村剛也内野手ら主力を指導するなど選手の育成に定評があり、6年連続でパ・リーグ優勝を逃したチームの立て直しを託すことになった。契約は1年。

今季の西武は開幕から下位に低迷。復帰1年目の伊原春樹監督が成績不振の責任を取り、休養を経てシーズン途中に退任。田辺打撃コーチが監督代行として指揮を執った。球団は次期監督の人選について、潮崎哲也2軍監督を含めて内部昇格の方向で調整していた。《共同通信》

【プロ野球・DeNA】中畑清監督の続投が決定

DeNAの中畑清監督が来シーズンも指揮を執ることが2日、決まった。春田真オーナーと高田繁GMらと横浜市内のホテルで話し合い、球団側の続投要請に対し、中畑監督が快諾した。

横浜球場で記者会見した春田オーナーは「残念ながらDeNAとなって3年でクライマックス・シリーズ(CS)出場という目標は達成できなかったが、観客動員は(実数発表となった2005年以降初めて150万人を突破するなど)伸びている。来シーズンは優勝してください、とお願いした」などと続投要請の理由を説明した。

【警視庁】女子中学生に尿、20歳の専門学校生を逮捕

警視庁福生署は2日、東京都瑞穂町むさし野、専門学校生の男(20)を暴行容疑で逮捕した。発表によると、男は9月29日午後6時頃、同町箱根ヶ崎の路上で、歩いて帰宅中の女子中学生(13)に自転車で背後から近づき、追い抜きざまにペットボトルのような 容器に入れた尿とみられる液体をかけた疑い。

調べに対し、男は「液体をかけたのは間違いありません」と供述しているという。同署幹部によると、同町と、隣接する羽村市では9月26日以降、女子小中学生らが液体をかけられる被害が他に6件あり、同署で関連を調べている。《読売新聞》

10月2日/のできごと

シェアする

フォローする