平成9385日目

2014/09/18

【楽天・星野仙一監督】今季限りでの退任を表明

プロ野球楽天の星野仙一監督(67)が今季限りで退任することを18日に表明した。仙台市の楽天Koboスタジアム宮城に隣接する球団事務所で三木谷浩史オーナー(49)とともに記者会見した。

三木谷オーナーは強く慰留したものの、星野監督の意思が固かったという。昨季は球団創設9年目で初のパ・リーグ制覇と日本一に輝き、今季から新たに複数年契約を結んでいた。来季については立花陽三球団社長が続投の方針を示していた。

星野監督は腰痛が悪化し、5月26日から休養。胸椎黄色靱帯骨化症と腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた。7月25日の試合から復帰したが、チーム状態は上がらず、低迷していた。

星野監督は2011年から楽天の監督を務めていた。《スポニチ》




【大阪地裁】維新の裏献金記事めぐり文芸春秋に330万円賠償命令

週刊文春の「宗教法人から裏献金を受けた」とする記事で名誉を傷つけられたとして、日本維新の会が発行元の文芸春秋と編集責任者に2200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が18日、大阪地裁であった。三木素子裁判長は「記事を事実と認めるに足りる証拠はなく、掲載は名誉毀損(きそん)にあたる」として、文芸春秋側に330万円の支払いを命じた。

判決によると、週刊文春は平成24年10月25日号で「維新の会 資金源は新興宗教」などと題した記事を掲載。関係者の話として、当時維新に所属していた中田宏衆院議員の仲介で、維新側が宗教法人から事務所維持費として7億円の裏献金を受け取っていたと指摘していた。

文芸春秋社長室は「当方の主張が認められていない点があり、承服できないので控訴する」とのコメントを出した。《産経新聞》

【スコットランド】住民投票で英国残留が決定

18日に投票が行われたスコットランド独立の是非を問う住民投票は、即日開票の結果、反対票が賛成票を上回り、スコットランドが英国にとどまることが確実となった。32地区中31地区の集計を終えた段階で、独立反対の票が賛成票を上回った。英BBCは開票率60%の時点で独立反対派の勝利を予測していた。《CNN》

9月18日/のできごと