平成9379日目

2014/09/12

【ロッテ・里崎智也捕手】引退会見

あふれ出る涙が、止まらなかった。今季限りでの引退を表明した千葉ロッテの里崎智也捕手(38)が12日、QVCマリンフィールドで記者会見。ユニホーム姿で現れ、約30分にわたって16年に及んだプロ野球人生を振り返った。

進んで若手中心の秋季キャンプに参加するなど、今季は自ら「最終章」と位置づけた勝負の年だった。だが、5月に左膝を痛め、手術。8月になっても状態が上向かず、気持ちは「引退」へと傾いていった。

「練習量を落とせば、プロとしてのパフォーマンスが保てない。それであれば、潔く引退するのが僕らしくていいのかな」。いままで通り、誰にも相談せず自分自身で決断した。

「正直、ここ数年はしんどかったですし、もう頑張らなくていいんだと、半分はほっとしています。でも半分は、さみしい気持ちでいっぱいです」。心境を問われてこう語ると、顔を両手で覆った。目には、光るものがあった。《千葉日報》




【先端医療センター病院】ips移植手術を実施

先端医療センター病院(神戸市中央区)と理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(同)は12日午後、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜の細胞を作り、目の難病患者の網膜を再生させる臨床研究で、兵庫県内の70代女性に1例目の移植手術を実施した。iPS細胞から作った細胞が人の体に移植されるのは世界初。

同病院は「患者の状態は安定し、成功と考えている」とし、今後は腫瘍ができないかなどの安全性や、視野の改善などの効果を検証する。《神戸新聞》

9月12日/のできごと