平成9335日目

2014/07/30

【大相撲・豪栄道関】大関昇進

埼玉栄高時代から逸材と騒がれた大相撲の豪栄道関(28)が30日、大関の座に就いた。愛知県扶桑町の境川部屋宿舎で開かれた昇進伝達式では境川親方(元小結両国)とともに使者を迎えた。同日は、くしくも親方の52歳の誕生日。厳しくも心優しい師匠に最高の恩返しを果たした。《スポニチ》




【西武・森友哉捕手】プロ初打席で初安打

西武1-8オリックス◇30日◇ほっともっと神戸

西武ドラフト1位ルーキーの森友哉捕手(18)が1軍デビューした。7点を追う8回の守備から炭谷に代わって途中出場。27日のロッテ戦でプロ初の1軍昇格。ここまでの2試合は出番がなかったが、この日は大量リードを許す展開だったが、地元関西で待望の1軍デビューを果たした。

8回の守備は4番手ボウデンを堂々とリード。2死からオリックス安達を四球で歩かせたが、無失点で切り抜けた。プロ初打席は9回1死。オリックス5番手榊原と対戦し、1ボールからの2球目を捉え、右翼フェンス直撃の安打を放った。《日刊スポーツ》

【大阪府警】89人を処分

大阪府警は30日、2008~12年の5年間に認知した事件のうち約1割に当たる計8万1307件を、警察庁が治安の指標としてまとめる犯罪統計に申告していなかったとする調査結果を明らかにした。管内全65署が過少申告に関わり、同日付で当時の刑事部刑事総務課長や署長ら89人を本部長注意などの処分に、統計担当の係長ら179人に業務指導をした。懲戒処分はなかった。

府内では10~12年、街頭犯罪の総数が東京都を下回り、00年以降続いた全国最悪を脱したとしていたが、実際はワーストのままだった。府警は警察庁と統計の是正方法を協議している。《共同通信》

7月30日/のできごと