平成9335日目

2014/07/30

【この日の安倍総理】

チリの銅山開所式であいさつ

安倍晋三首相は30日夜(日本時間31日朝)、訪問地チリの首都サンティアゴ市内で催された「カセロネス銅山」の開所式であいさつし、同国での資源開発に関し「協力関係をさらに強化する」と強調した。


https://www.kantei.go.jp/

カセロネス銅山は、チリでは初となる全額日本出資の銅鉱山。首相は「(予定する)年間生産量はチリから日本への輸出量の約4分の1に相当する。両国の経済発展に貢献する」と強調した。

首相はこれに先立ち、同行する経団連の榊原定征会長らとチリ経済界との懇談会に出席した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【大相撲・豪栄道関】大関昇進

埼玉栄高時代から逸材と騒がれた大相撲の豪栄道関(28)が30日、大関の座に就いた。愛知県扶桑町の境川部屋宿舎で開かれた昇進伝達式では境川親方(元小結両国)とともに使者を迎えた。同日は、くしくも親方の52歳の誕生日。厳しくも心優しい師匠に最高の恩返しを果たした。《スポニチ》

【西武・森友哉捕手】プロ初打席で初安打

西武1-8オリックス◇30日◇ほっともっと神戸

西武ドラフト1位ルーキーの森友哉捕手(18)が1軍デビューした。7点を追う8回の守備から炭谷に代わって途中出場。27日のロッテ戦でプロ初の1軍昇格。ここまでの2試合は出番がなかったが、この日は大量リードを許す展開だったが、地元関西で待望の1軍デビューを果たした。

8回の守備は4番手ボウデンを堂々とリード。2死からオリックス安達を四球で歩かせたが、無失点で切り抜けた。プロ初打席は9回1死。オリックス5番手榊原と対戦し、1ボールからの2球目を捉え、右翼フェンス直撃の安打を放った。《日刊スポーツ》

【民主党・海江田万里代表】幹事長と党運営で会談

民主党の海江田万里代表は30日午後、大畠章宏幹事長と都内の党本部で約1時間半にわたって会談した。党勢が回復しないとして代表交代論がくすぶる現状を踏まえ、秋の臨時国会前に党役員人事を刷新するかどうかを含め今後の党運営について協議した。

大畠氏は会談後、自身の進退について「当面辞めるつもりはない。幹事長職にある限りは海江田代表を支える」と党本部で記者団に強調した。

党役員人事の刷新は挙党態勢構築に向けて複数の幹部が言及。執行部と距離を置く議員らを起用して代表交代論を封じ込め、党の結束を図る狙い。人事を実施する場合は、大畠氏の去就が焦点の一つとなる。《共同通信》

【大阪府警】89人を処分

大阪府警は30日、2008~12年の5年間に認知した事件のうち約1割に当たる計8万1307件を、警察庁が治安の指標としてまとめる犯罪統計に申告していなかったとする調査結果を明らかにした。管内全65署が過少申告に関わり、同日付で当時の刑事部刑事総務課長や署長ら89人を本部長注意などの処分に、統計担当の係長ら179人に業務指導をした。懲戒処分はなかった。

府内では10~12年、街頭犯罪の総数が東京都を下回り、00年以降続いた全国最悪を脱したとしていたが、実際はワーストのままだった。府警は警察庁と統計の是正方法を協議している。《共同通信》

【中国】ウイグル族学者を起訴

中国新疆ウイグル自治区ウルムチの検察当局は30日、国家分裂活動に関わった容疑で逮捕、送検されていたウイグル族学者、イリハム・トフティ氏を国家分裂罪で起訴した、と発表した。

習近平指導部は漢族支配に抵抗するウイグル族の反政府活動に強硬姿勢を取ってきたが、ウイグル族内で穏健派とみられていたイリハム氏の起訴で、ウイグル族が反発するのは必至だ。

イリハム氏については、米国政府が逮捕に「深い懸念」を表明、中国に釈放を求めていた。同罪で起訴されると重刑が科される可能性が高く、国際社会から懸念の声が強まりそうだ。《共同通信》

【インド・マハラシュトラ州】大規模地滑り

インド西部マハラシュトラ州プネの北方にある村で30日、大雨による大規模な地滑りが起き、PTI通信によると、チャバン州首相は約160人が生き埋めになった恐れがあると語った。15人が死亡、家屋44棟が泥流にのみ込まれたという。

災害救助隊が救出活動を続けているが、道路が土砂で埋まるなどしており難航している。

地滑りは30日朝、丘の斜面が崩れて発生。行方不明者の多くは自宅で就寝中だった可能性がある。インドは雨期に入っており、現場付近では4日間にわたり激しい雨が降り続いていたという。

現場はプネ北方のアンベガオン地区にある村。《共同通信》

【パレスチナ自治区ガザ】学校にまた砲撃19人死亡

パレスチナ自治区ガザ北部で国連が住民の避難所として開放している学校に30日早朝、砲撃があり、少なくとも19人が死亡した。ガザの当局は同日、8日に始まった戦闘によるガザの死者が1300人を超え、負傷者は7千人以上になったことを明らかにした。

学校砲撃について国連の地元当局者らはイスラエル軍の戦車が攻撃したと指摘、イスラエル軍報道官は「学校付近から迫撃砲を発射され、部隊が応戦した」と述べた。

ロイター通信によると、イスラエル軍は30日、ガザ東部の市場近くも攻撃し、15人が死亡、160人が負傷した。《共同通信》

【EU】ロシア富豪や企業の資産凍結

欧州連合(EU)は30日、ウクライナ情勢をめぐり在欧資産凍結の対ロシア追加制裁を発動した。プーチン大統領に近いアルカジー・ロテンベルク氏らロシア人の富豪を含む個人8人と軍事大手など同国の企業3社を新たに対象とした。

プーチン氏の柔道の元練習相手で企業家のロテンベルク氏らは既に米国の制裁対象となっているが、EUがロシアの企業やプーチン政権を支える富豪を制裁対象としたのは今回が初めて。EUの資産凍結対象は、ウクライナの親ロシア派も含む個人計95人、企業・団体計23となった。個人には渡航禁止も適用される。《共同通信》

【ナイジェリア】10歳女児が胸に爆発物装着

ナイジェリア政府は30日、北部カツィナ州で、胸部に爆発物を装着した女児(10)を発見し、一緒にいた男女を逮捕したと発表した。フランス公共ラジオなどが伝えた。男女はイスラム過激派ボコ・ハラムとの関連が疑われており、自爆テロを計画していたとみられる。

また、北部カノの大学で30日、女性による自爆テロがあり、6人が死亡した。ボコ・ハラムは4月に北東部で女子生徒200人以上を拉致したほか、各地で爆破テロなどを繰り返している。《共同通信》



7月30日 その日のできごと(何の日)