平成9320日目

2014/07/15

【この日の安倍総理】

参院予算委員会

参院予算委員会は15日午前、集団的自衛権の行使容認を柱とする閣議決定内容について集中審議を開いた。安倍晋三首相は国際協力のための自衛隊の海外派遣について「一般法(恒久法)か特別措置法かといった法律の形態も含めて今後よく検討する」と述べた。


https://www.kantei.go.jp/

従来は自衛隊派遣について個別のケースごとに時限立法の特別措置法を制定して対応してきた。首相の発言は、今回の閣議決定に伴う法整備に合わせ、海外派遣を随時可能にする恒久法も含めて検討する考えを示したものだ。

首相は閣議決定内容について、年末までに再改定する日米防衛協力のための指針(ガイドライン)に反映させる考えも明言した。「閣議決定を踏まえて作業を進めていく。今後、自衛隊に新たに求められる具体的な任務や役割を見直し作業の中で検討する」と述べた。小野寺五典防衛相も「米側にしっかり説明しながら反映できるようにしていきたい」と語った。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【全国知事会議】開幕

全国知事会議が15日、人口減少問題や地方分権改革を主なテーマに佐賀県唐津市で2日間の日程で始まった。山田啓二会長(京都府知事)はあいさつで人口減に関して「少子高齢化の問題が、はっきりわれわれの前に姿を現しているが、国の対策が大幅に講じられたことはなかった。日本は死に至る病にかかっている」と危機感を強調した。

会議には42都道府県の知事が参加。農地を工場や宅地に転用する許可権限の市町村への移譲など、分権改革に関する国への提言をまとめる。

農地転用に関しては佐竹敬久秋田県知事が「地方に転用の自由度を与えてもらわないと、有効な産業政策が滞る」と述べた。《共同通信》

佐賀県唐津市で開かれている全国知事会議は15日、国と地方が総力を挙げて少子化対策に取り組む必要があるとした非常事態宣言をまとめた。知事会議で宣言を取りまとめるのは異例。国は人口減少問題克服のため、近く「地方創生本部」を立ち上げ、地方経済の活性化を図る方針だが、自治体側からも強い危機感が示されたことになる。

宣言は、少子化で地方から人口が流出し、近い将来に地方の多くが消滅、その流れが都市部にも波及すると指摘。若い世代の子育て環境を整備するため思い切った財源を投入すべきだとした。《共同通信》

【サッポロ極ZERO】発泡酒に変更して再発売

サッポロビールは15日、第三のビールとして販売してきた「サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)」を、発泡酒に変更して再発売した。製造方法をめぐる国税当局からの情報提供要請をきっかけに、税率の高い区分に変更したためで、実勢価格で20〜25円程度値上がりした。

新しい極ZEROは、税率区分の変更に伴い製造方法を一部変えたが、糖質と痛風などの原因とされるプリン体をゼロとした商品の特徴や、味わいは維持した。

実勢価格は350ミリリットルが165円、500ミリリットルで225円。第三のビールとして販売していた際の実勢価格は、350ミリリットルが145円、500ミリリットルで200円だった。《共同通信》

【ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター】USJにオープン

魔法の世界に飛び込もう–。大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は15日、人気映画「ハリー・ポッター」の世界を再現した新エリアをオープンした。

同日朝、開業を祝う式典が行われ、主人公ハリーのライバルでマルフォイ役の俳優トム・フェルトンさんらが登場して呪文を唱えると、魔法使いの村「ホグズミード村」の住人が現れ、来場者の仲間入りを歓迎した。

映画の世界さながらの街並みに歓声が上がり、感極まって泣きだすファンも。いち早く入場しようとゲート前で徹夜した人もおり、オープン前に約3千人が並んだ。《共同通信》

【EU】トップにユンケル氏正式選出

欧州議会本会議は15日、ルクセンブルクのユンケル前首相を欧州連合(EU)トップの欧州委員長に正式に選出した。ユンケル氏にとって、男女平等の取り組みとして「閣僚」に当たる欧州委員にどれだけ女性を充てられるかが課題。これまで候補に挙がる名前はほとんど男性で、ユンケル氏は各国政府に女性候補を選ぶよう強く促す考えだ。

欧州委員会はEUの行政府で、トップの委員長と委員27人で“内閣”を構成。28加盟国から1人ずつメンバーが選ばれる。委員の候補を提示するのは各国政府で、委員長は各委員に担当職務を割り振る権限を持つ。《共同通信》

【アフガニスタン】自爆テロで89人死亡

アフガニスタン東部パクティカ州ウルグン地区の市場で15日、車を使った自爆テロがあり、国防省当局者によると、89人が死亡、40人が負傷した。犯行声明は出ていないが、同国で当局などを狙ったテロ攻撃を繰り返している反政府武装勢力タリバンによる犯行の可能性がある。

当時、市場は市民らで混み合っていた。ロイターは地元警察当局者の話として、警察が不審車両の情報を入手し、行方を追っている最中に爆発が起きたと伝えた。

一方、首都カブールでは同日朝、大統領府職員らが乗った車が走行中に道路脇の爆弾が爆発し、地元警察によると2人が死亡、5人が負傷した。《共同通信》

【ブラジル】工事23件がW杯に間に合わず

15日付のブラジル紙フォリャ・ジ・サンパウロは、サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に合わせて12の開催都市で2011年から14年6月に完工予定だった空港などの工事23件が工期に間に合わなかったと伝えた。16年のリオデジャネイロ五輪でも同様の事態が懸念されている。

うち13件は五輪までには完成する予定だが、10件はいまだに完成時期の見通しがたっていない。

路面電車や空港、港湾施設などで、工事自体の遅れのほか入札の遅れも原因。間に合わないと判断された場合には、W杯までに終わらせる工事と、その後に行う工事に分けたという。《共同通信》

【中国広東省広州市】バス爆発、2人死亡

中国広東省広州市で15日夜、路線バスが爆発し、乗客ら2人が死亡、25人が負傷した。広東省のメディアが報じた。

乗客が危険物を持ち込んでいたとの情報があり、警察当局が事故なのか故意に爆発させたのかなどを含め、詳しい原因を調べている。

広東省のメディアなどによると、バスが停留所に停車した際に突然出火して爆発、多くの乗客が車内に取り残された。現場で2人の死亡が確認されたほか、負傷者の中には重傷者もおり、今後犠牲者が増える可能性もあるという。《共同通信》

【メキシコ】劣悪養護施設の600人救出

メキシコ治安当局は15日、中西部ミチョアカン州サモラの養護施設で、極めて劣悪な環境下に置かれていた約600人を救出したと発表した。うち約460人が子ども。入所者は性的・精神的な虐待を受けたり物乞いをさせられたりしていたとみられる。

地元紙レフォルマなどが報じた。検察当局は入所者の自由を違法に奪ったとして施設責任者の女らを拘束した。

施設はシラミやネズミが大量に生息。施設で生まれたとみられる赤ん坊もおり、女の子どもとして登録されていたという。入所者の女性の一人は、13年留め置かれていたと話している。《共同通信》

【パナマ・ノリエガ元将軍】ゲーム会社提訴

中米パナマの最高実力者だったノリエガ元将軍(80)が15日、人気ゲームの中で殺人者や誘拐犯として描写されたとして、米カリフォルニア州のゲーム会社に損害賠償などを求める訴訟をロサンゼルスの地裁に起こした。ロイター通信などが報じた。

ゲームはアクティビジョン・ブリザード社の「コール・オブ・デューティ・ブラック・オプス2」で、冷戦やサイバーテロなどを扱う戦争ゲーム。日本を含め世界で人気がある。

訴えでは、ゲーム会社が「(ゲームの)リアリズムを高め、売り上げを伸ばすために」許可なく自分の名前やイメージを使用したと主張した。《共同通信》



7月15日 その日のできごと(何の日)