平成9321日目

2014/07/16

【この日の安倍総理】

宮城県訪問

安倍晋三首相は16日午前、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県七ケ浜町を訪れ、養殖ノリの生産拠点となっている水産振興センターを視察した。首相の被災地入りは17回目で、宮城県は6回目。


https://www.kantei.go.jp/

水産振興センターは津波で壊滅的な被害を受け、2013年10月に新施設が完成した。首相は、施設内ではノリの種苗を生産する様子などを見学した後、ノリを試食し「香りとうま味が口の中に広がる。ご飯が必要だ」と感想を述べた。

その後、同県東松島市に移動。生産や加工、販売を一体的に進める「農業の6次産業化」に取り組む農業生産法人や災害公営住宅を訪問し、意見交換する。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【サッカー・大迫勇也選手】独1部ケルンと正式契約

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本代表FW大迫勇也が16日、ドイツ1部リーグのケルンと正式契約した。背番号は13に決まった。

Embed from Getty Images

クラブの練習場で取材に応じ「目の前の試合に勝つことが大事で、その試合で(自分が)点を取ることが大事。定位置争いはどのチームでもあることで、自分が成長して試合に出て点を取りたい」と意気込んだ。《共同通信》

【大相撲名古屋場所】4日目

大相撲名古屋場所4日目(16日・愛知県体育館)横綱日馬富士は平幕嘉風の肩透かしに屈し、初黒星を喫した。嘉風は32歳3カ月27日で初金星を獲得した。年6場所制となった1958年以降では最年長記録。《共同通信》

【岸田文雄外相】キルギス・アブディルダエフ外相と会談

岸田文雄外相は16日、中央アジア・キルギスの首都ビシケクでアブディルダエフ外相と会談した。同国の民主化と市場開放を後押しするため、財政難に伴う対日債務の増加で停止していた円借款の再開を表明した。供与額は約120億円。

キルギスは近年、経済分野で中国の影響を強く受けているとされる。日本政府は円借款再開を通じて存在感を高め、巻き返しを図る必要があると判断した。キルギスの財政に好転の兆しが見えてきたことも考慮した。

会談後、岸田氏はラブロワ財務相と約27億円の無償資金協力に関する交換公文に署名した。

この後、アタムバエフ大統領とも会談した。《共同通信》

【民主党・海江田万里代表】中国序列5位と会談

民主党の海江田万里代表は16日、中国共産党序列第5位の劉雲山政治局常務委員(宣伝・思想担当)と人民大会堂で会談し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題で意見が対立した。海江田氏は、緊張する日中両国の関係改善を呼び掛けた。

会談で劉氏は歴史認識問題について「民主党の歴史認識は正しいもので評価している」と強調。尖閣をめぐる領有権問題の存在を認めた上で棚上げする、中国側の主張を展開した。

海江田氏は「その考え方には同意しない」と拒否。両国の緊張緩和に向けた危機回避のメカニズムをつくる必要性を指摘。日中両政府の高級事務レベル会合の開催を提案した。《共同通信》

【英国】小児性愛の660人拘束、400人超の児童を保護

英捜査当局は16日、6カ月にわたる特別捜査の結果、小児性愛の容疑者660人を拘束したと発表した。その一部を児童への性的暴行や児童ポルノの映像所持などの容疑で訴追し、400人以上の児童を保護したという。

特別捜査は、インターネットで児童ポルノにアクセスした人物を対象に実施。拘束した660人の大半は、かつて捜査線上に浮上したことがなく、医師や教員、元警官も含まれているという。

英国では、テレビ番組の元人気司会者が児童らに性的暴行を繰り返していたなど、児童虐待が疑われる事件が最近、次々明らかになり、社会に衝撃を与えている。《共同通信》

【EU】ロシア企業に制裁拡大へ

欧州連合(EU)首脳会議は16日、ウクライナ情勢をめぐり、ロシアが緊張緩和措置を取っていないとしてロシア企業などに対する制裁を拡大することで合意した。

ウクライナの主権を侵害する行為を支援している企業を対象とし、7月末までに最初の拡大対象を決定する。

EUは6月下旬の首脳会議でロシアなどに緊張緩和への具体的な措置を求めたが、十分実行されておらず、制裁強化を決定。ただ本格的な経済制裁には踏み込んでいない。

また首脳らは欧州投資銀行に対しロシアへの新規融資を停止するよう要請。EU加盟国は欧州復興開発銀行でも同様の措置を取るよう調整する。《共同通信》

【EU】大統領らの人事合意できず

欧州連合(EU)は16日、ブリュッセルで臨時首脳会議を開き、今年任期を終えるファンロンパイ大統領、アシュトン外交安全保障上級代表の後任人事を協議したが、合意できなかった。8月30日にあらためて首脳会議を開き、決定する。

各国は、性別や政党などのバランスを重視して両人事の組み合わせを検討しているが、ファンロンパイ氏は会議後の記者会見で「全会一致で決められる状況に至っていなかった」と指摘。候補の名前は焦点としなかったと述べ、どの政党や出身地域の人物を充てるかを主に議論したことを示唆した。《共同通信》

【BRICS首脳会議】関係強化に意欲

ブラジルで開かれていた新興5カ国(BRICS)首脳会議は16日閉幕した。同日は首都ブラジリアに南米の大統領全員が集結して会議に合流。米国主導の世界秩序への対抗姿勢を強めるBRICSと、南米に多い反米左派政権は思惑が一致しており、関係強化に向け強い意欲を示した。

スペイン通信などによると、ベネズエラの反米左翼マドゥロ大統領は記者団に「21世紀の新時代を象徴する歴史的会合」と指摘し、BRICSと南米各国は「ウィンウィン(相互利益)の同盟だ」と強調した。《共同通信》



7月16日 その日のできごと(何の日)