平成9301日目

2014/06/26

【この日の安倍総理】

IOC調整委員長と会談

安倍晋三首相は26日午後、2020年東京五輪・パラリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のコーツ委員長と首相官邸で会談した。

6月26日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】IOC調整委員長と会談
https://www.kantei.go.jp/

首相は「歴史に残るようなオリンピック、パラリンピックにしていきたい。政府を挙げて支援している」と説明。コーツ氏は、「かなり早い段階から建設の準備ができている。大変感心している」と評価した。

コーツ氏は、「日本の企業の支援が高まっており、大変うれしく思う」とも伝えた。会談には、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長も同席した。《時事通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【発明家・ドクター中松さん】末期がんを告白

発明家の「ドクター中松」こと中松義郎さん(86)が26日、昨年12月に末期がんと診断され、医師から「余命は来年末(2015年末)まで」と宣告されたことを明らかにした。東京都内で記者会見した。

中松さんは「健康に留意すれば人の寿命は最大144歳まで可能と論文を書いた私の命が終わる。大変ショックだった。新たな治療法の発明にかけたい」と心境を明かした。《日刊スポーツ》

【日本維新の会・石原慎太郎共同代表】「次世代の党」8月に結党

日本維新の会「分党」に伴い新党を結成する石原慎太郎共同代表のグループは26日、新党名を「次世代の党」に決めた。石原氏や平沼赳夫暫定代表らが記者会見し、発表した。日本維新の解党手続きに時間を要するため、新党結成時期は8月となる見通しだ。

石原氏は会見で新党名について「貧富の差が生じ、若い人が結婚できないなど人生の選択が狭められている。将来に期待を持てるように(社会を)直すのが、私たちの大きな責任だ」と説明した。

日本維新は7月末をめどに解党する。橋下徹共同代表も8月に新党を旗揚げする方針だ。「日本維新」の名称は当面、橋下氏側が使う。《共同通信》

【滋賀県知事選】告示

任期満了に伴う滋賀県知事選は26日告示され、元経済産業省官僚の小鑓隆史氏(47)=自民、公明推薦=と共産党県常任委員坪田五久男氏(55)=共産推薦、元民主党衆院議員三日月大造氏(43)の無所属3新人が届け出た。7月13日に投票、即日開票される。

現職の嘉田由紀子知事は出馬せず、2期8年の嘉田県政への評価や経済活性化対策などが主な争点。隣の福井県の若狭湾に集中立地する原発の再稼働をめぐっても論戦が繰り広げられそうだ。《共同通信》

【ベルギー】第1次大戦犠牲者しのぶ式典

ベルギー北西部イーペルで26日、第1次大戦の犠牲者に思いをはせる式典が開かれ、参加した欧州連合(EU)首脳らは追悼碑の前で黙とうをささげ、平和の実現に向けた努力と結束を確認した。

首脳らは大戦中に戦死した兵士の名前が刻まれた巨大な追悼碑「メニン門」の下に集い、約1分間黙とう。大戦中は敵国同士だったドイツのメルケル首相とフランスのオランド大統領が手を取り合う場面もあった。

EUの公用語となっている24の言語で「平和」を意味する言葉が記された「平和のベンチ」も寄贈された。《共同通信》

【米国】過激派対策に1500億円

オバマ米政権は26日、シリアやイラクで活動を活発化させるイスラム教スンニ派の過激派対策などを目的に、シリア反体制派やイラクなどシリア周辺国支援のために2015会計年度(14年10月~15年9月)の予算措置として、15億ドル(約1500億円)を議会に求める方針を発表した。

イスラム過激派などの台頭が懸念される国々の対テロ能力強化を目的とした約50億ドルの基金の一部。同基金はオバマ大統領が5月下旬に創設を発表。

シリア内戦のイラクへの波及が指摘される中、オバマ政権は米軍による軍事介入には消極的で、国際協調を重視し中東地域の安定化を目指す。《共同通信》

【環太平洋合同演習】中国が初参加

米海軍主催の環太平洋合同演習(リムパック2014)がハワイ時間の26日(日本時間27日)、始まった。自衛隊も参加、ハワイなどで8月1日まで開かれる。1971年に始まったリムパックは24回目、参加は過去最多の23カ国。東、南シナ海で周辺国と対立関係が続く中国が初めて加わり、注目を集める。

7月8日まで行われる停泊訓練はハワイ・パールハーバー基地で各国が事前調整をしたり、艦艇を公開したりする。同9日以降の洋上訓練ではハワイ周辺海域で、ミサイル発射や海賊対処などの演習をする。

中国海軍はミサイル駆逐艦、フリゲート艦、補給艦、病院船の計4隻を派遣。《共同通信》



6月26日 その日のできごと(何の日)