平成8992日目

2013/08/21

この日のできごと(何の日)

【安倍晋三首相】米・マケイン上院議員と会談

安倍晋三首相は21日、米国防予算に強い影響力を持つ共和党のマケイン上院議員と官邸で会談し、在沖縄米海兵隊のグアム移転を進めるために必要な米国側の予算措置を求めた。小野寺五典防衛相との会談では移転事業の加速で一致。グアム移転は米上院が注文を付け、遅れが指摘されていたが、上院の重鎮が移転に前向きな姿勢を示したことで状況が変わる可能性がある。

首相は日米同盟の重要性を訴え「同盟強化には在日米軍再編の着実な実施が不可欠だ」と強調。海兵隊のグアム移転と連動する沖縄の米軍施設・区域の返還計画に「強い意志を持って積極的に取り組んでいる」と伝えた。《共同通信》



【秋田書店】不正を訴えた社員を解雇

秋田書店(東京)が漫画雑誌の読者プレゼントの当選者数を水増しした問題で、同社が社内で不正を訴えた女性社員(28)を昨年、プレゼントを盗んだとして懲戒解雇していたことが21日、分かった。女性は事実無根として解雇撤回を求める訴訟を近く起こす方針。

女性が加盟する労働組合「首都圏青年ユニオン」が明らかにした。この問題をめぐっては、消費者庁が20日、同社に再発防止などを求める措置命令を出した。

ユニオンの武田敦委員長によると、女性はプレゼント業務を4年以上担当。引き継ぎで水増しを知り、上司にやめるよう訴えたが「会社にいたかったら黙って仕事しろ」と言われたという。《共同通信》

【ヤンキース・イチロー外野手】日米通算4000安打

米大リーグは21日、各地で行われ、ヤンキースのイチローはニューヨークでのブルージェイズ戦に「2番・右翼」で出場し、一回に左前打を放って日米通算4千安打を達成した。4打数1安打で、チームは4―2で勝ち4連勝。

Embed from Getty Images

ブルージェイズの川崎は「9番・二塁」で二回に右前適時打を放ち、4打数1安打1打点。

マリナーズの岩隈はアスレチックス戦に先発登板し、7回7安打3失点で12勝目を挙げた。

レッドソックスの上原はジャイアンツ戦で1回を無失点。チームは12―1で勝った。

ブルワーズの青木はカージナルス戦の七回に代打で右飛。チームは6―8で敗れた。《共同通信》

【菅義偉官房長官】山本最高裁判事を批判

菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で、20日に就任した山本庸幸最高裁判事が憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認は難しいと発言したことについて「非常に違和感を持つ」と批判した。

裁判官は外部から圧力を受けないよう憲法で「身分の保障」が規定されており、政府要人が最高裁判事の発言に苦言を呈するのは異例だ。

この後、山本氏は官邸に加藤勝信、世耕弘成、杉田和博各官房副長官を訪ねた。官邸を離れる際、記者団に「就任あいさつをした。(官房長官が批判したという)話は聞いていない」と述べた。《共同通信》

【フィリピン】ダムあふれる

フィリピン北部ルソン島では21日、台風12号と南西からの季節風の影響で大雨が続いた。災害当局によると、マニラ首都圏ケソン市にあるダムでは21日早朝、貯水量を上回り、一時水があふれ出した。既に周辺の住民は避難している。各地で洪水や土砂崩れが相次ぎ、被災者は100万人を超えた。

災害当局によると、これまでの死者は8人、行方不明者は4人。首都圏の道路は各地で冠水し、寸断が続いている。

21日は、アキノ大統領の父ベニグノ元上院議員が暗殺されてから30年を記念する休日だが、関連行事は雨のため中止された。《共同通信》

【中国】豪雨で130人超死亡

中国メディアによると、中国各地で豪雨による洪水が発生し、21日までに、130人以上が死亡した。東北地方では94人が死亡、100人以上が行方不明、広東省では18人が死亡、5人が行方不明となった。青海省海西モンゴル族チベット族自治州では20日の鉄砲水で24人が死亡した。

東北地方の豪雨は14日ごろから数日間降り続いたという。黒竜江省と遼寧省の2省だけで被災者は700万人以上となった。

防災当局によると、今年、中国では水害で575人が死亡、340人が行方不明となった。《共同通信》

【EU】エジプトへの武器輸出を一時停止

エジプト暫定政権によるモルシ前大統領支持派の弾圧を受け、欧州連合(EU)は21日、EUとして一致した対応を協議するため、臨時の外相理事会をブリュッセルで開き、エジプトへの武器輸出許可を一時差し止めることで合意した。

EUとしては暫定政権に圧力をかけ、暴力停止と対話による解決を促したい意向がある一方、対話の仲介役としてエジプトへの関与も続けたい考え。エジプトへの支援の見直しも焦点となったが、外相理事会は「社会、経済分野や市民への支援は継続する」ことで一致した。《共同通信》

【下村博文文部科学相】はだしのゲン「配慮必要」

松江市教育委員会が市立小中学校に漫画「はだしのゲン」の閲覧制限を求めた問題について、下村博文文部科学相は21日の記者会見で「市教委の判断は違法ではなく問題ない。子どもの発達段階に応じた教育的配慮は必要だと思う」と述べ、理解を示した。閲覧制限には表現の自由を制限するとの批判的な意見があり、議論を呼びそうだ。

下村氏は過激な描写と指摘されている部分を自らも確認したことを明らかにし「小中学生が必ずしも正しく理解できない描写だ、と考える人もいるかもしれない」と指摘。

また「誤った解釈をしないように、教員と一緒に学習しようとの考えだと聞いている」と語った。《共同通信》



8月21日 その日のできごと(何の日)