平成8959日目

2013/07/19

【大相撲名古屋場所】13日目

大相撲名古屋場所13日目は19日、名古屋市中区の愛知県体育館で行われ、横綱白鵬が大関琴欧洲を寄り切って13連勝とし、一人だけ2敗だった碧山が敗れたため、3場所連続26度目の優勝が決まった。春場所初日からの連勝は43に伸びた。琴欧洲は4敗目。

白鵬の優勝回数は朝青龍を上回り単独3位。3連覇以上は4度目で、大鵬、千代の富士に並び最多。13日目の優勝決定は千代の富士を抜いて最多の5度目(15日制定着以降)となった。

横綱日馬富士は大関稀勢の里に浴びせ倒されて5敗目。稀勢の里は10勝目を挙げた。琴奨菊、鶴竜は勝ち越した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【横浜市】セクハラで47歳職員を停職処分

横浜市は19日、職場の歓送迎会で同僚の女性にセクハラ行為をしたとして、中区福祉保健センターの男性係長(47)を停職12カ月の懲戒処分にした。免職に次ぐ重い処分で、停職としては市の条例が定める最長期間。

市によると「酒に酔ってやってしまった」と事実を認めている。歓送迎会には約25人が参加しており、市は同席していた係長の上司3人も文書訓戒処分とした。

今年5月末、歓送迎会で女性職員2人に下品な言葉を繰り返したほか、集合写真を撮る際に隣にいた女性職員に抱きついて胸をもむなどしたという。市相談窓口に6月、被害女性の1人から申告があり発覚した。《産経新聞》

【故・三国連太郎さん】お別れの会

4月14日に亡くなった俳優の三国連太郎さん(享年90)のお別れの会「三国連太郎 海峡を渡る日~お別れの会」が19日、都内のホテルでしめやかに営まれた。

喪主を長男で俳優の佐藤浩市(52)が務め、代表作「釣りバカ日誌」で、三国さん演じる「スーさん」と名コンビを組んだ「ハマちゃん」役の俳優西田敏行(65)がお別れの言葉を述べた。《スポニチ》

【北朝鮮】豪雨で人命被害拡大

米政府系放送局ラジオ自由アジア(電子版)は19日までに、梅雨前線の活発化による北朝鮮での豪雨で、金正恩第1書記の肝いりで進められている東部江原道の工事の現場などが大きく破壊され、数百人の死傷者が出ているとの情報があると伝えた。北朝鮮国内の消息筋の話としている。

また国際赤十字社・赤新月社連盟(IFRC)は同ラジオに、水害は江原道のほか、南西部の黄海北道、北西部の平安北道、東部の咸鏡南道で広範囲に発生し、緊急援助を行うと表明。特に被害の大きい黄海北道兎山郡北浦里に調査団を送ったことを明らかにした。《共同通信》

【ロシア】実刑判決の反政権ブロガーを釈放

ロシアの反政権ブロガー、ナワリヌイ被告に横領罪で懲役5年の実刑判決を下した中部キーロフの裁判所は19日、同被告を釈放した。裁判所はプーチン大統領の支配下にあり、政敵弾圧への不満を鎮める政権の意向を受けた決定とみられる。

被告は都市部の中産階級の支持が高く、政権としても硬軟両様の対処を迫られている。

クレムリンに近いモスクワ中心部では18日夕、数千人が自然発生的に判決への抗議行動を繰り広げた。治安当局が約200人を拘束したが、一時は群衆が車道を埋めるなど政権には想定外の大混乱を招いた。

被告は判決確定まで再収監されないが、移動は制限される。《共同通信》

【ミャンマー】アウン・サン将軍を追悼

ミャンマー独立の英雄、アウン・サン将軍らが祭られている最大都市ヤンゴンの「殉難者廟(通称・アウン・サン廟)」で19日、毎年恒例の追悼式典が開かれ、将軍の娘で最大野党、国民民主連盟(NLD)党首アウン・サン・スー・チー氏らが献花した。

式典には、昨年に続いてテイン・セイン政権のサイ・マウ・カン副大統領と閣僚らが参加。献花、黙とうして敬意を表した。式典後、多くの市民も殉難者廟を訪問。ヤンゴン中心部のNLD本部などでも集会が開かれ、スー・チー氏は支持者に「父らの行動は永遠にわれわれの誇りだ」と語った。《共同通信》

【オーストラリア】密航者を国外に締め出し

オーストラリア、パプアニューギニア両国は19日、難民認定を求めて船で押し寄せる密航者を今後、オーストラリアでは一切受け入れず、パプアニューギニアに移送して認定審査を受けさせる方針を明らかにした。難民として認められた場合もパプアニューギニアに定住させる。

オーストラリアのラッド、パプアニューギニアのオニール両首相が同日、記者会見で発表した。だが、治安の悪いパプアニューギニアへの強制移送措置に対し、人権団体からは「法律や道徳上の責任を軽視している」などとの批判も出ている。《共同通信》

【イタリア】売春教唆で禁錮7~5年

イタリア北部ミラノの地裁は19日、ベルルスコーニ元首相(76)の自宅に売春婦を派遣していたとして、売春教唆などの罪に問われた元ニュース番組司会者のエミリオ・フェデ被告(82)ら3人に、禁錮7~5年(求刑禁錮7年)を言い渡した。

元首相は未成年者を買春した罪などで先月24日、ミラノ地裁から禁錮7年を言い渡されているが、最高裁で判決が確定するまで収監されない。

地裁は19日の判決で、元首相が3人の裁判で偽証をした可能性を調査するよう検察に命じた。《共同通信》

【米・オバマ大統領】葛藤を代弁

17歳の黒人少年を射殺した男性に対する無罪評決に全米で抗議行動が広がっている事態を受け、オバマ大統領は19日、少年は「35年前の私だったかもしれない」と述べ、自分が差別された体験も織り交ぜながら黒人社会の葛藤を代弁した。

ホワイトハウスでの報道官の定例記者会見に予告なく現れ、黒人大統領として事件への包括的な見解を示した。無罪評決を尊重するとしながらも、国民に黒人の考え方を説明し、黒人には痛みを分かち合う姿勢を示すことで沈静化を図った。《共同通信》



7月19日 その日のできごと(何の日)