平成8860日目

2013/04/11

この日のできごと(何の日)

【オセロ】解散

お笑いコンビオセロの松嶋尚美(41)が11日、自身のブログを更新し、「オセロ」を解散することを公表した。

松嶋は「今、2年ぶりに相方みっちょんに会いました。」と中島知子(41)と会ったことを告白し「1時過ぎから会って、色んな話をしました。わだかまりも、休んでた間の出来事も…結構話した!!」とし、2人で出した結論として「今、解散します!!」と告知した。

そして「色々迷惑かけた皆様、応援してくれてた皆様…ありがとうございました!!オセロでした。」とし、中島とのツーショット写真も掲載した。

所属事務所の松竹芸能に退社の意向を申し入れていた中島について、松竹芸能は今月6日に解雇。中島は今後の芸能活動や、「オセロ」について「そうですね~」と話すだけで具体的には何も答えていなかったが、オセロ」として活動を継続するのは困難とみられていた。《スポニチ》



【東京株式市場】1万3500円台回復

11日の東京株式市場は、外国為替市場の円安ドル高を好感した買い注文が膨らみ、日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前日比261円03銭高の1万3549円16銭で、2008年7月以来、約4年9カ月ぶりに1万3500円台を回復した。

全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は26・25ポイント高の1147・29。出来高は約51億4800万株だった。

円相場が1ドル=99円台後半まで下落し、取引開始から輸出関連株を中心に活発な買い注文が入った。前日の米ダウ工業株30種平均が史上最高値を更新したこともあり、米景気回復への期待も高まった。《共同通信》

【参院山口補選】告示

参院山口選挙区補欠選挙が11日告示され、新人4人が立候補した。事実上、公明党が推薦する自民党新人と民主党などが推薦する無所属新人の一騎打ちとなりそうだ。与党と民主党は、夏の参院選の前哨戦と位置付け、発足後初の国政選挙となる第2次安倍政権の実績も争点となる。28日に投開票される。

自民党の参院議員だった岸信夫氏が衆院選にくら替え出馬したのに伴う補選。安倍晋三首相が交渉参加を表明した環太平洋連携協定(TPP)や、中国電力が建設を計画する上関原発(山口県上関町)について有権者の判断が注目される。憲法改正の是非をめぐる舌戦も予想される。《共同通信》

【民主党・海江田万里代表】独自の定数削減法案を早期提出

民主党の海江田万里代表は11日、衆院選挙制度改革に関し「小選挙区30減、比例代表50減」を柱とする独自の定数削減法案を早期に国会提出する意向を表明した。山口県光市で記者団に「できるだけ早く提出する段取りに入りたい」と述べた。

この日の党政治改革推進本部総会で法案を正式決定。「1票の格差」是正に向けた小選挙区「0増5減」に伴う区割り改定の公選法改正案の対案に位置づける。

ただ、提出に関し、日本維新の会などが、抜本改革に向けた与野党協議の場が設置されるまで待つべきだとしているため、野党共闘を優先する立場から時期を見極める。《共同通信》

【安倍晋三首相】北朝鮮ミサイル「政府一丸で対応」

安倍晋三首相は11日午前、官邸で記者団に、北朝鮮がミサイルを発射した場合に「政府一丸となって緊張感を持って対応する」と述べた。首相はミサイル警戒のため、当初予定よりも約10分早く都内の自宅を出発し、官邸に向かった。《日経新聞》



4月11日 その日のできごと(何の日)