平成8743日目

2012/12/15

【野田佳彦首相】「改革道半ば」

各党は15日夜、12日間に及ぶ選挙戦を終えた。民主党は野田佳彦首相ら幹部を接戦区に投入して劣勢予測への巻き返しをはかり、自民党は組織力を動員して議席上積みに動いた。


https://www.dpfp.or.jp/

野田首相は15日の都内での街頭演説で「改革は道半ばだ。歯を食いしばってこの国を前進させていきたい」と政権の継続を訴えた。自民党の安倍晋三総裁はJR秋葉原駅前で演説し「これから新しい一歩を踏み出していかなければならない。政権奪還をめざすと強調した。《日経新聞》



【シャープ】2960人が退職

シャープの希望退職に応募した2960人が15日付で退職し、会社を去った。生産拠点を抱える三重、奈良、広島の各県などで多数の雇用が失われる。国内経済の先行きが不透明になる中、地域経済への悪影響が懸念されている。

太陽電池の葛城工場(奈良県葛城市)などがある奈良県や、電子部品の福山工場(広島県福山市)などがある広島県ではそれぞれ500人程度が退職した。液晶パネルの亀山工場(三重県亀山市)でも離職者が出た。

危機感を強める地元自治体や労働局は、退職者の再就職支援を打ち出している。一方、大手生活用品アイリスオーヤマ(仙台市)など人材確保に向けた動きも出ている。《共同通信》

【酒井法子さん】女優に復帰

2009年に覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けた酒井法子さん(41)が15日、女優復帰作となる舞台「碧空の狂詩曲~お市の方外伝~」に出演した。 ピンクの舞台衣装をまとった酒井さんは、会場の東京・渋谷区文化総合センター大和田で共演者らと記者会見し「(プレッシャーは)感じている。自信はまだありませんが、頑張ります」と力強くあいさつした。《共同通信》



12月15日のできごと