平成8708日目

2012/11/10

【女優・森光子さん】死去

舞台「放浪記」で2千回以上主演し、テレビドラマや司会などで幅広く活躍、文化勲章や国民栄誉賞を受けた俳優の森光子さんが10日午後6時37分、肺炎による心不全のため東京都内の病院で死去した。92歳。京都市出身。葬儀は近親者のみで済ませた。後日、本葬を行う。

いとこの名優嵐寛寿郎のプロダクションに入り、戦前、多くの映画に娘役として出演したほか、歌手としても活動した。1961年、芸術座で初演された菊田作・演出の「放浪記」で、主人公の作家林芙美子役に抜てきされた。《共同通信》




【北京マラソン】日本人登録できず

今月25日に北京で開催される北京国際マラソンに日本国籍の選手が登録できなくなっていることが10日分かった。理由は不明だが、日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に反発している中国当局の対抗措置の可能性がある。同マラソンは国際陸上競技連盟認定の大会。このような大きな国際大会で特定の国籍の選手を排除するのは異例。

同マラソンは、公式ホームページから登録する形式になっているが、国籍を選ぶ欄から「日本」が削除された。組織委員会関係者は登録しようとした日本のランナーに「日本国籍の選手は申し込み資格がない」との考えを伝えたという。《共同通信》

25日に開催される北京国際マラソンに日本国籍の選手が登録できなくなっていた問題で、公式ホームページからの登録が一転して可能になっていたことが11日分かった。10日深夜(日本時間同)からとみられる。

この問題で、北京の日本大使館は11日までに主催者の中国陸上競技協会に「日本人も受け入れるべきだ」と書面で要請。協会側は「関係者に伝える」とするだけで正式な回答はなかったという。《共同通信》

【民主党東京都連】舛添氏に都知事選出馬を打診

石原慎太郎氏の辞職に伴う東京都知事選で、民主党東京都連が新党改革代表の舛添要一参院議員(63)に立候補を打診していることが10日、都連関係者への取材で分かった。舛添氏は回答を保留しているが、近く判断する見通し。

都連会長の中山義活衆院議員は同日、報道陣に「本人は白紙と言っている。仮に出馬すれば勝手連的に支援し、自民、公明が応援したいのであれば一緒にやってもいい」と話した。

民主党は独自候補擁立を目指しているが、候補者選びは難航。政策面で近く、幅広い支持が得られそうな舛添氏が都連内で浮上し、本人に出馬の意向を確認した。《共同通信》

【野田佳彦首相】衆院選公約にTPP明記

野田首相は10日午前、民主党の次期衆院選公約(マニフェスト)に環太平洋経済連携協定(TPP)の推進を盛り込む考えを表明した。視察先の福岡市内で記者団に「TPPは日中韓FTA(自由貿易協定)、RCEP(東アジア地域の包括的経済連携)と同時に追及するのが政府の基本的な姿勢だ。マニフェストに書くことになる」と述べた。

首相は、TPPの交渉参加を表明し、その直後に衆院解散に踏み切ることを検討している。解散時期については記者団に「時期は明示しない」と語った。《読売新聞》

11月10日/のできごと