平成8697日目

2012/10/30

【尼崎連続変死事件】被告の写真が「別人」

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、共同通信などが「角田美代子被告」として報じた写真について、尼崎市に住む女性(54)が30日、弁護士を通じて「写真は私だ」と名乗り出た。弁護士によると、女性は23日に全国紙に掲載された写真を見て「似ている」と思い、翌24日にテレビで流れた同じ写真で「私に間違いない」と確信。悩んだ末に29日に弁護士に相談したという。

共同通信が報じた写真は角田被告の長男の小学校入学式の集合写真から抜き出したもの。1993年4月に撮影され、和服姿だった。名乗り出た女性は、直前に撮影された子どもの幼稚園の卒園式の写真を持っており、同じ着物姿で写っていた。《共同通信》




【尼崎事件】岡山でドラム缶発見

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、尼崎東署捜査本部は30日、別事件で起訴された角田美代子被告(64)の親族の男性が殺害され捨てられたとされる岡山県備前市の日生漁港の海中を、死体遺棄容疑で捜索した。同日正午すぎに岸壁付近の海中で発見したドラム缶をシートにくるんで引き揚げた。

捜査本部によると、美代子被告の複数の周辺関係者が遺棄への関与を認めており、男性の死体遺棄容疑から立件し、全容を解明する。《共同通信》

【藤本義一さん】死去

直木賞作家で、テレビの司会者としても親しまれた藤本義一さんが30日午後10時18分、肺炎のため兵庫県西宮市の病院で死去した。79歳。堺市出身。

大阪府立大卒。在学中から放送作家として活躍。1957年にラジオドラマ「つばくろの歌」で芸術祭文部大臣賞。映画会社で脚本を書き始め、「駅前」シリーズなどの脚本を手掛けた。《共同通信》

10月30日/のできごと