平成8698日目

2012/10/31

【東京都・石原慎太郎知事】退任

31日の東京都議会臨時会で辞職が正式に決まった石原慎太郎知事は同日午後、幹部を集めた最後の庁議で「みなさんと一緒に東京でやってきたことは全て正しかったと思う」とあいさつ、職員ら約千人に見送られて都庁を後にした。

石原氏は臨時会で「日本の頭脳部、心臓部である東京を活性化することが日本の活性化につながる。新しい指導者の下、東京をより強い、したたかな日本を代表する大都市に仕上げていただきたい」とエールを送った。

庁議では「東京は生々しい現場を持っていて、中央の役人にない発想力でやってくれた。長いことありがとうございました」と感謝の言葉を口にした。

25日に辞職表明していた東京都の石原慎太郎知事(80)が31日、正式に辞職した。都議会の臨時議会が同日午後に開かれ、知事の辞職に同意。約13年半にわたる石原都政に幕を下ろし、11月1日から筆頭副知事の猪瀬直樹氏が職務を代行する。

辞職に伴う都知事選は11月29日告示、12月16日投開票の予定。石原氏は都議会での退任挨拶で「日本の頭脳部であり、心臓部である東京を活性化することが日本の活性化につながる。新しい指導者の下でより強くしたたかな、日本を代表する大都市に仕上げてほしい」と述べた。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【富山県警】捜査情報を漏えい、高岡署の警部補を逮捕

富山県警は31日、知人の男(46)に捜査情報を漏らしたとして、高岡署の警部補、A容疑者(54)=富山市=を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで逮捕した。県警によると、「知り合いだったので教えたかった」と話している。県警は見返りに金品などを受け取っていなかったかどうか調べている。《共同通信》

【日歯連】参院選で自民候補推薦

日本歯科医師会(日歯)の政治団体である日本歯科医師連盟(日歯連)は31日、都内で臨時評議員会を開き、来年夏の参院選比例代表で自民党現職の石井みどり氏(63)を推薦することを決めた。政権交代後の前回2010年参院選で打ち出した民主党支援を撤回し、従来の自民党支持に回帰する。日本医師会など他の業界団体の動向にも影響を与えそうだ。

評議員会で日歯連の高木幹正会長は「政治の機能がまひしている状況だ。

(社会保障改革を議論する)国民会議のメンバーが決まらないまま政争の具となっている」と民主党政権への不満をにじませた。《共同通信》

【減税日本】政党届け出

次期衆院選に向け、国政政党化を目指していた河村たかし名古屋市長率いる政治団体「減税日本」は31日、東京都選挙管理委員会を通じ、総務相に政党設立届を提出した。政党名は現在のままで、代表も引き続き河村氏とするが、党本部は東京に置く。

国政政党として「反増税」「脱原発」「議員歳費半減」を掲げ、東海地方だけでなく東京などでも擁立を目指す。第三極勢力の一角として、石原慎太郎東京都知事の新党や橋下徹大阪市長が率いる日本維新の会、みんなの党などとの連携も図る。

減税日本は、政党要件の所属国会議員5人を確保した。《共同通信》

【北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会】野田首相に要望書

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長代行の泉田裕彦新潟県知事は31日、拉致問題担当相を兼務する藤村修官房長官と内閣府で会談し、問題の早期解決へ具体的な成果を出すよう求める野田佳彦首相ら宛ての要望書を渡した。

要望書は「被害者家族は高齢化が進み、一刻の猶予もない。首相自ら先頭に立ち、オールジャパンで取り組む姿勢を強く示すことが重要だ」と強調。「短期間で度重なる担当相交代は問題だ」と苦言を呈した。《共同通信》

【野田佳彦首相】年内解散に触れず

野田首相は31日午後、衆院本会議で代表質問に臨み、自民党の安倍総裁と初の論戦を行った。安倍氏が年内の衆院解散を迫ったのに対し、首相は具体的な言及を避けた。

初対決は、8月に首相が自民党の谷垣禎一前総裁に約束した「近いうち」の衆院解散に関する発言の対応が最大の論戦になった。安倍氏は「あれからもう3ヶ月になろうとしている。首相は平然と国民との約束から逃げる」と厳しく批判した。《読売新聞》

野田佳彦首相は31日午後の衆院本会議で、公債発行特例法案と衆院選挙制度改革関連法案の成立、社会保障制度改革の国民会議設置を挙げ、野党に衆院解散に向けた「環境整備」に協力するよう促した。その上で11月中に策定する経済対策を踏まえて衆院解散・総選挙を判断する考えを表明した。

環境が整えば経済対策をまとめた段階で年内の解散に応じるとも受け取れる発言だが、野党側は「3条件に経済対策が加わった」として反発している。

首相は先の民主、自民、公明の3党首会談で話したことに触れ「含意をもう一度かみしめてほしい」と自公両党に要請した。《共同通信》



10月31日 その日のできごと(何の日)