平成8671日目

2012/10/04

【オスプレイ】事実上の運用開始

在沖縄米海兵隊は4日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備した新型輸送機MV22オスプレイの訓練飛行を、初めて実施した。海兵隊は、普天間に到着した機体から「通常の訓練を開始する」と発表しており、普天間を拠点にした運用が事実上始まった。

沖縄県の仲井真弘多知事は「残念だ」と強く反発し、住民らが普天間近くで抗議を続けた。仲井真知事は9日にも野田佳彦首相と会談し、オスプレイの普天間飛行場への配備撤回を要請する。《共同通信》




【石川県警】放火容疑で90歳女を逮捕

石川県警輪島署は4日、近所の家屋1棟を全焼させたとして、現住建造物等放火の疑いで、同県輪島市、無職、A容疑者(90)を逮捕した。近隣地域では、2007年と昨年の2回、小屋などが燃える不審火があり、関連を調べる。《産経新聞》

【 facebook】利用者10億人突破

米交流サイト大手フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は4日、同サービスの利用者が10億人を突破したと発表した。

ザッカーバーグ氏は「フェイスブックの月間実質利用者が、今朝10億人を超えた」「10億人の交流を支援できるのは素晴らしい。自分の人生の中で何よりも誇りに思う」と語った。10億人の利用者がいるということは、世界の人口のうち、7人に1人がフェイスブックを使っている計算になる。《CNN》

【田中慶秋法相】外国人献金問題発覚

田中慶秋法相の政治団体が2006~09年に、外国人の経営する会社から計42万円の献金を受けていたことが4日、議員事務所への取材で分かった。 外国人が株式の過半数を保有する会社からの献金を原則禁止している政治資金規正法に違反する恐れがあり、事務所はすでに全額を返金した。

自民党などは辞任要求の構えを見せており、野田佳彦首相は改造内閣の発足直後から政権運営の火種を抱えた。

同事務所などによると、田中法相が代表を務める民主党神奈川県第5区総支部が、06~09年に外国人の男性が経営する横浜市内の会社から毎年6万~15万円の献金を受けていた。

田中法相は4日、国会内で記者会見し「(経営者は)台湾籍と聞いている。事実関係を調査し、改めて報告したい」と釈明。 「(外国人献金があったか)調べてなかったのは事実だ」とする一方で、昨年3月時点で代表者が外国籍と認識していたことは認めた。進退は「今、そういう風に考えていない」と否定した。《日経新聞》

【自民党・安倍晋三総裁】田中法相の辞任要求

自民党の安倍晋三総裁は4日の記者会見で、田中慶秋法相の政治団体が、外国人が経営する会社から献金を受けていた問題について「前原誠司氏は(同様の事案で外相を)辞職した。事実なら、当然われわれは要求していかなければならない」と述べ、法相の辞任を求めていく考えを示した。

安倍氏は「なぜ外国人の献金が禁じられているか。外国人から絶対に影響を受けてはならないということだ。(田中氏は)法相だから、まさに法の番人ではないか」と厳しく批判した。

一方、公明党の山口那津男代表は取材に対し、「就任早々から『政治とカネ』をめぐる問題で疑いが出るのはいかがなものか。まずは法相自身が説明責任を尽くすべきだ」と述べた。《時事通信》

10月4日/のできごと