平成8587日目

2012/07/12

【サッカー・香川真司選手】マンU入団会見

Embed from Getty Images

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドに加入した日本代表MF香川真司(23)が12日、英マンチェスターの本拠地オールドトラフォードで入団記者会見を行い「世界的な注目を感じる。ビッグクラブのプレッシャーを喜びに変え、自分のパフォーマンスを見せたい」と日本語で抱負を述べた。

ファーガソン監督らも同席した会見には、報道陣約100人が集まった。11、12日の練習に参加した香川について、同監督は「言葉やわれわれのサッカーになじめば、開幕戦の出場も問題ない」と期待した。背番号は「26」で契約は4年。《共同通信》




【大津市・沢村憲次教育長】中2男子自殺「いじめも要因の一つ」

大津市の中2男子自殺問題で、沢村憲次教育長は12日記者会見し、自殺といじめの因果関係について「自殺にはいろいろな要因が考えられる。いじめだけが原因という判断ができない。いじめも一つの要因に入ると思う」と述べた。

市教育委員会は「いじめと自殺との因果関係は不明」として、遺族と係争中。市教委が因果関係を認めたのは初めてだが、沢村教育長は今回の見解について「これまでの主張とは変わらない」としている。

また、生徒が通っていた学校のアンケートが2回実施されていたことを市教委が滋賀県警に伝えていなかったことも捜査関係者への取材で判明した。《共同通信》

【沖縄県・仲井真弘多知事】オスプレイ配備中止を防衛相に要請

沖縄県の仲井真弘多知事は12日午前、防衛省で森本敏防衛相と会談し、米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場(同県宜野湾市)配備計画に関し「中止、見直しをお願いしたい」と要請した。

同時に、モロッコと米国でオスプレイの墜落事故が相次いだとして「原因究明、安全の保証、県民の不安払拭をしっかりやってもらいたい」と指摘。普天間飛行場の移設問題に関しては「一日も早い移設、返還を実現してほしい」と強調した。

仲井真氏は1日にも県庁で森本氏に配備反対の意向を伝えた。今回は宜野湾市の佐喜真淳市長や、普天間の移設先とされる名護市の稲嶺進市長らも同行した。《共同通信》

7月12日/のできごと