平成8456日目

2012/03/03

【ノルディックスキーW杯ジャンプ】高梨沙羅選手が初優勝

ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)蔵王大会第1日は3日、山形市の蔵王ジャンプ台で、この日2試合目となる第11戦(HS100メートル、K点90メートル)が行われ、15歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が初優勝を果たした。今季から始まった女子のW杯で日本人選手の優勝は初めて。《時事通信》

広告




【スピードスケート世界ジュニア選手権】高木美帆選手が初優勝

スピードスケートの世界ジュニア選手権第2日は3日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、4種目の総合で女子の17歳、高木美帆(北海道・帯広南商高)が161・296点で初優勝した。日本勢の総合優勝は2004年大会の石野枝里子(現日本電産サンキョー)以来。 初日の2種目を終えて総合2位だった高木美は1000メートルで1分17秒69の1位、3000メートルで4分14秒63の4位となり、前回優勝のカロリナ・エルバノバ(チェコ)を逆転した。《共同通信》

【野田佳彦首相】原発再稼働「地元を説得」

野田佳彦首相は3日、海外メディアのインタビューに応じた。停止中の原発について「政治判断して、稼働をお願いせなければならない時は、政府を挙げて自治体の理解を得るべく全力を尽くす」と強調。安全と認めた原発の再稼働に向け、地元自治体の説得に乗り出す考えを表明した。《毎日新聞》

【野田佳彦首相】日本の未来応援会議に出席

3月3日は何の日【野田佳彦首相】日本の未来応援会議に出席
http://www.kantei.go.jp/

3日、野田首相は経済産業省で開催された「“日本の未来”応援会議~小さな企業が日本を変える~」第1回総会に出席した。

野田首相はあいさつで「私の大好きな映画が『三丁目の夕日』なんです、全ての人が、今日より明日は良くなるだろうという強い夢・希望を持っていた時代だと思うんです。今ほど豊かではありませんけれども、今日より明日は良くなるだろうと中小企業を経営をしている人たちが、働いている人たちがそういう思いを持っていた時代を、もう1回是非とも作っていくことが日本再生の原動力・底力になると思っています」と述べた。《首相官邸》

3月3日/のできごと