平成8438日目

2012/02/14

【野田佳彦首相】復興推進会議を開催

東日本大震災からの復興に向けた「復興推進会議」は14日午後、首相官邸で初会合を開いた。会合には全閣僚や副大臣、政務官が出席した。議長の野田佳彦首相は会合で、「復興を加速させなければならない。それぞれの省庁が、全力を挙げて復興に取り組んでいただきたい」と述べ、省庁間の縦割りの壁を排除するよう指示した。


https://www.kantei.go.jp/

平野達男復興相は会合後、記者団に対して、「復興のつち音がはっきり聞こえる状況をできるだけ早くつくりたい」と強調。原子力発電所の事故の影響が残る福島県の再生については「賠償、雇用などをパッケージで避難者に示していくことが大事」との考えを示した。

復興推進会議は、従来の「復興対策本部」を引き継ぐ形で設けられた。首相を議長、復興相を副議長とし、被災地の再生に向けた政策の調整や推進を図る。《日経新聞》



【富山中央署】お地蔵様を落し物として受理

午後1時半ごろ、富山市新富町のビジネスホテル前の花壇に地蔵が置かれているのを女性従業員が見つけ、富山中央署富山駅前交番に届け出た。同署は落とし物として受理し、心当たりがある人は申し出るよう呼び掛けている。《北日本新聞》

【個人識別番号法案】閣議決定

政府は14日、国民一人一人に番号を割り振って納税実績や年金などの情報を管理する共通番号制度を導入するための「個人識別番号法案」を閣議決定した。番号に「マイナンバー」という名前を付け、15年1月の利用開始を想定している。個人情報の保護に向け、行政組織などを監視する第三者機関の設置や情報漏えいに対する罰則を盛り込んだ。

政府は社会保障と税の一体改革に関連し、共通番号制を消費税増税に伴う低所得者対策に活用することも検討。番号制を使い、所得をより正確に把握することで、低所得者に所得税を払い戻したり、「給付付き税額控除」の導入につなげたい考えだ。《共同通信》

【MLB・ホワイトソックス】福留孝介外野手と1年契約で合意

Embed from Getty Images

米大リーグのホワイトソックスは14日、インディアンスからフリーエージェントとなっていた福留孝介外野手(34)と1年契約で合意したと発表した。年俸は100万ドル(7800万円)で、2013年の契約は球団に選択権がある。 福留は2008年にカブスと4年契約を結び大リーグ入り。昨季途中にインディアンスに移籍した。4年間の通算成績は打率2割6分、42本塁打、191打点。《読売新聞》

【マイク・ベルナルドさん】死去

K―1で活躍した格闘家のマイク・ベルナルドさんが14日、母国の南アフリカ・ケープタウンで死去したことが分かった。海外の複数ニュースサイトが報道した。42歳。

ベルナルドさんは1995年3月にK―1初参戦。デビュー戦で故アンディ・フグさんをKOすると、翌96年のK―1GPでは準優勝を果たすなど、強烈なパンチを武器に一気にトップ選手に上り詰めた。フグさん、ピーター・アーツ、アーネスト・ホーストとともに「K―1四天王」として数々の名勝負を繰り広げ、K―1ブームの中心的存在に。06年の引退後はコーチとして後進の指導にあたっていた。《スポニチ》



2月14日のできごと