平成8436日目

2012/02/12

【東京ゲートブリッジ】開通

東京湾にかかる首都圏最大級の橋、東京ゲートブリッジが12日午前10時、開通した。この日は朝から晴天に恵まれ、2頭の恐竜が頭を向き合うようなユニークな外観の新名所は車や歩行者で大にぎわい。眼前に広がった都心の眺望に歓声が上がった。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【W杯ジャンプ女子】高梨沙羅選手が2位

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は12日、スロベニアのリュブノで個人第9戦(HS95メートル、K点85メートル)を行い、冬季ユース五輪を制した高梨沙羅(北海道・上川中)が出場3試合連続で自己最高の2位になった。90メートル、90・5メートルで246・7点だった。

1回目首位の17歳、サラ・ヘンドリクソン(米国)が2回目に最長不倒の95メートルを決めて259・6点で今季、通算ともに6勝目を挙げた。《共同通信》

【第54回グラミー賞】アデルが主要3賞受賞

米音楽界最高の栄誉、第54回グラミー賞の発表・授賞式が12日、ロサンゼルスで行われ、主要4部門のうち最優秀新人賞以外の3賞を英女性シンガー・ソングライター、アデル(22)が受賞した。

今回のグラミー賞で各賞の大本命とされていたアデルは「ローリング・イン・ザ・ディープ」で最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を受賞。「21」で最優秀アルバム賞を獲得した。

最優秀新人賞には米男性シンガー・ソングライターのボン・イヴェールが選ばれた。《スポニチ》

【沖縄県宜野湾市長選挙】佐喜真淳氏が初当選

米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選は12日投票、即日開票の結果、無所属新人の元県議佐喜真淳氏(47)=自民、公明、改革推薦=が、無所属の元市長伊波洋一氏(60)=共産、社民、沖縄社大推薦=を破り、初当選した。900票差の激戦。投票率は63・90%で、県知事選と同日だった10年11月の前回選を3・23ポイント下回った。

約26年半ぶりに保守が革新から市政を奪還。市中心部にある普天間飛行場への対応が焦点だったが、継続的な普天間使用への懸念から、移設問題に比較的柔軟な保守派を市民が後押しした格好だ。《共同通信》



2月12日 その日のできごと(何の日)