平成8414日目

2012/01/21

【テニス・錦織圭選手】全豪初の16強入り

Embed from Getty Images

テニスの全豪オープン第6日は21日行われ、男子シングルス3回戦で第24シードの錦織圭(フリー)が世界ランキング39位のジュリアン・ベネトー(フランス)に4―6、7―6、7―6、6―3で勝ち、全豪で初の16強入りを決めた。全豪で日本男子が3勝するのは1932年の佐藤次郎以来80年ぶり。

日本男子の全豪16強は68年のオープン化以降初。錦織は4回戦で第6シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と対戦する。女子ダブルス2回戦では森田あゆみ、藤原里華組がチェコのペアに勝利、3回戦に進出した。《共同通信》

広告




【卓球・全日本選手権】福原愛選手が初優勝

卓球の全日本選手権第5日は21日、東京体育館で行われ、ロンドン五輪代表同士の対戦となった女子シングルス決勝は23歳の福原愛(ANA)が、前回覇者で第1シードの石川佳純(全農)を4―1で下し、13度目の挑戦で初優勝を果たした。

福原は準決勝で過去5度優勝の平野早矢香(ミキハウス)に4―0で勝つと、初めて進出した決勝では第1ゲームから3ゲームを連取し、石川を振り切った。福原はこれまでに女子ダブルスで4度、混合ダブルスで2度優勝しており、七つ目のタイトルとなった。

男子ダブルスは水谷隼(明大)岸川聖也(スヴェンソン)組が決勝で共田準吾、加藤由行組(愛知・愛工大名電高)を3―0で下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。《共同通信》

1月21日/のできごと