平成8347日目

2011/11/15

【たこフェリー】運航休止

兵庫県明石市と淡路島を結ぶ第三セクター「明石淡路フェリー」(愛称たこフェリー)は15日、1954年から続いたフェリー航路を休止した。全従業員68人は同日、解雇した。会社は存続し、同じ航路を走る「淡路ジェノバライン」(兵庫県淡路市)と来春の再開を目指す覚書に調印したが、見通しは立っていない。

同フェリーは航路の上を通る明石海峡大橋のETC割引の影響で今年度1億5千万円の赤字を見込んでいた。この日の最終便は午後6時10分に明石港を出港。大勢が見送った。

覚書によると、ジェノバ社は同フェリーの筆頭株主ツネイシホールディングス(広島県福山市)から年内に株の譲渡を受け、経営参画する。その上で、新たなフェリー確保▽船乗り場の借地料(年間3600万円)の大幅軽減▽退職金などで生じる負債の完済――を条件に、来年3月の運航再開を目指すとしている。

同フェリーの就職支援室によると、再就職が決まった従業員は船員1人だけ。ジェノバ社の吉村静穂社長は、運航再開の場合、「全員は難しいが再雇用したい」と述べた。《朝日新聞》



【サッカーW杯予選】日本0−1北朝鮮

サッカーの日本代表は15日、平壌の金日成競技場でワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選第5戦に臨み、約5万人の大観衆に後押しされた北朝鮮代表に0-1で敗れた。日本のフル代表が平壌で試合するのは22年ぶりだった。日本はアルベルト・ザッケローニ監督が就任後、17試合目で初黒星を喫した。《時事通信》

【秋篠宮文仁親王殿下】初の天皇名代

秋の叙勲のうち中綬章などの受章者らが皇居・宮殿に出向く行事が15日あった。天皇陛下の入院が続いているため、秋篠宮さまが名代として出席された。秋篠宮さまが陛下の名代を務めたのは初めて。秋篠宮さまは2回に分けて受章者とその配偶者ら計約2千人の前に立ち「国や社会のために、また人々のために尽くされてきたことを深く感謝しております」と天皇陛下の言葉を伝えた。

通常は皇太子さまが名代を務めるが、長野県を訪問中のため、皇位継承順位に基づき秋篠宮さまが代役になった。《共同通信》

【野田佳彦首相】TPP「コメには配慮」

野田首相は15日午前の参院予算委員会で、交渉参加を表明した環太平洋連携協定(TPP)の関係国との協議について、公的医療保険制度を自由化の例外と主張し、日本の国民皆保険制度を守る意向を示した。

21にわたる交渉分野に関し、首相は「日本が誇るべき制度を失うこちはやらない」とし、現在、交渉対象に含まれていない国民皆保険制度を維持するとした。コメを関税撤廃の例外とする重要品目に含めるかどうかについては「配慮する」としながらも、「今のうちに、何を守るか手の内を出すことはない」と述べるにとどめた。《読売新聞》



11月15日のできごと