平成8213日目

2011/07/04

【東海道新幹線】車内に体長1メートルのヘビ

4日午前8時55分ごろ、東海道新幹線の新大阪発東京行き新幹線こだま(16両編成)の座席に体長約1メートルのヘビがいるのを巡回中の車掌が発見した。捕獲のため米原駅(滋賀県米原市)で運転を打ち切った。乗客約200人にけがはなく、後続の新幹線に乗り換えた。

JR東海によると、蛇は3号車の座席の上におり、発見当時、3号車内に乗客は1人しかおらず、ヘビには気付かなかったという。ヘビは米原駅で捕獲されたが、発車前に新大阪駅で車両点検した際には見つかっておらず、侵入経路などは不明としている。《共同通信》




【英国人講師殺害事件】初公判

千葉県市川市で2007年3月、英会話講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=を殺害したとして、殺人や強姦致死などの罪に問われた無職市橋達也被告(32)の裁判員裁判の初公判が4日、千葉地裁(堀田真哉裁判長)で開かれた。

市橋被告は罪状認否で「殺意はありませんでした」と否認した上で、「リンゼイさんを死なせてしまったのは私です。責任は取るつもりです。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

検察側は冒頭陳述で「強姦時に殺意を持って手で首を圧迫した」と主張、弁護側は殺意はなかったことを訴える方針。

【宮城県・村井嘉浩知事】復興相に苦言

宮城県の村井嘉浩知事は4日の定例記者会見で、松本龍復興対策担当相が3日に岩手、宮城両知事と会談した際「知恵を出さないやつは助けない」などと発言したことに対し「国と地方は対等なパートナー。命令口調ではなくお互いの立場を尊重した方がいいのでは」と苦言を呈した。

その上で「被災者の皆さんは、本当に国と県、市町が協力して手をつないで対応してくれるか、不安に思われたかもしれない」と懸念を示した。松本氏が応接室で待たされたことに不快感を示したことについては「応接室にお招きし、定時に私が入った。社会通念上は正しい接遇だったと思う」と強調した。《共同通信》

7月4日/のできごと