平成8212日目

2011/07/03

【松本龍復興対策担当相】岩手、宮城県知事と会談

松本龍復興担当相は3日、東日本大震災の被災地である岩手・宮城両県を訪ね、両県知事と会談した。前日の福島県に続く就任後初めての被災地訪問だが、被災者の感情を逆なでしかねない発言を連発した。週明けの国会で野党が追及する可能性もある。

最初に訪れた岩手県庁の玄関前では、衛藤征士郎・衆院副議長からもらったというサッカーボールを持ち出し、「キックオフだ」と達増拓也知事に蹴り込んだが、達増氏は取り損ねた。

会談では、仮設住宅の要望をしようとする達増知事の言葉を遮り、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」と指摘。仮設住宅での孤独死対策などの国の施策を挙げ、「国は進んだことをやっている。(被災自治体は)そこに追いついてこないといけない。知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないやつは助けない。そのくらいの気持ちを持って」と述べた。

また、「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」と冗談めかして話した。午後に訪問した宮城県庁では、応接室に後から入ってきた村井嘉浩知事に「お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ。しっかりやれよ」と語った。《朝日新聞》




【フジ系連続ドラマ・マルモのおきて】最終回

【ボーイング787】検証作業のため羽田初飛来

全日空が世界で最初に導入する米ボーイングの最新鋭旅客機787「ドリームライナー」のテスト機が3日、9~10月の運航開始に向けた検証作業をするため、米シアトルから羽田空港に初めて飛来した。

787は座席数210~290の中型旅客機。機体の半分に軽くて丈夫な炭素繊維の複合材を使い、機内の気圧をより地上に近づけて乗客の快適性を高めた。燃費や航続距離などの性能も従来の中型機を大きく上回る。《日経新聞》

【トヨタ自動車】日曜操業開始

トヨタ自動車は3日、夏場の電力不足対策として工場の日曜操業をスタートさせた。本社の事務系スタッフらを含め、約7万人の従業員が9月末までの3カ月間、土日勤務を続ける。

トヨタのお膝元の愛知県は、土日の渋滞緩和のための交通管制を徹底。県内の自治体が休日保育を拡充するなど、日本を代表する大企業の取り組みへの対応に追われた。

自動車業界は平日の電力使用量を抑えるため、土日に稼働し、木金に休日を振り替える「土日操業」を実施。日産自動車やホンダなどは6月30日の木曜から休日を適用、2日から土日操業を始めた。《共同通信》

7月3日/のできごと