平成8167日目

平成23年5月19日(木)

2011/05/19

【菅直人首相】退陣を否定

5月19日のできごと【菅直人首相】退陣を否定
https://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は19日午後の衆院本会議で、東日本大震災対応のため閣僚を3人増やす内閣法・内閣府設置法改正案に関連し、原子力災害担当相と震災復興担当相を新設する考えを表明した。閣僚増員について「大震災の復旧・復興は内閣の使命であり、体制強化のためにお願いしたい」と野党に理解を要請。自民党の退陣要求に対しては「退陣の選択は全く考えていない」と否定した。

この日の衆院本会議では、内閣法・内閣府設置法改正案とともに、大震災に対処する政府の復興基本法案と自民党の対案が審議入りした。政府、与党は内閣法・内閣府設置法改正案と復興基本法案の修正に柔軟な姿勢。しかし自民、公明両党は菅政権に対決姿勢を強めており、成立のめどは立っていない。《共同通信》



【西岡武夫参院議長】「菅政権では駄目だと心の底から思う」

民主党の小沢一郎元代表に近い参院議員による勉強会「震災復興を考える参院有志の会」が19日午後、西岡武夫参院議長を講師に招き、国会内で初会合を開いた。西岡議長は「菅政権では駄目だと心の底から思う。復興会議で結論が出てから(政策判断する)と言うが、政治は要らないということだ。今、首相が何を言わなければならないかが全く見えていない」と首相を厳しく批判した。約20人が出席した。《時事通信》

【MLB・レッドソックス】岡島秀樹投手に戦力外通告

レッドソックスは19日、岡島秀樹投手(35)に戦力外通告をした。レッドソックスは移籍先を探して他球団と交渉を始める。通告を受けた同投手は「こういう結果になって残念。違うチームでチャンスがあればやりたい。こんなのは初めてだから(この先)どうなるのか分からない」と話した。《日刊スポーツ》



5月19日のできごと