平成8160日目

2011/05/12

【立川6億円強奪事件】

12日午前3時ごろ、東京都立川市柴崎のマンション1階にある警備会社「日月警備保障」立川営業所に2人組の男が押し入る強盗傷害事件が起き、現金約6億400万円が奪われた。2人組は刃物や鉄パイプで1人でいた男性警備員(36)の胸や足を刺して殴った上、粘着テープで縛り逃走。警備員は腕を骨折し全治2カ月の重傷で、被害額は国内の現金強奪事件として過去最高となった。

警視庁捜査1課は立川署に捜査本部を設置。男らが侵入したとみられる入り口脇の腰高窓(縦40センチ、横50センチ)の鍵は半年以上前から壊れていたことから、内部事情を知った者が関与した可能性があるとみて捜査している。

捜査本部によると、警備員は当時、室内のソファで仮眠。物音に気付いて目を覚ますと「金庫室の金を出せ」と脅されたといい、男らは当初から金庫室を狙っていたとみられる。男らは金庫の暗証番号を聞き出すと、現金が入った麻袋やかばん計70個を奪った。直後に車が発進する音を警備員が聞き、近くの防犯カメラには北側に走り去る不審な車が映り、室内の防犯カメラには白いマスク姿の2人組が映っていた。警備員は約20分後に自分で粘着テープをほどき110番した。《毎日新聞》

【ソフトバンク・小久保裕紀内野手】通算400本塁打

プロ野球ソフトバンクの小久保裕紀内野手(39)が12日、オリックス6回戦(ヤフードーム)でフィガロ投手から今季1号の左中間ソロ本塁打を放ち、通算400本塁打を達成した。2008年5月の金本(神)以来、史上16人目。このほか大リーグへ移籍した日本選手で、松井秀喜(ヤンキース)が05年に日米通算400本塁打を達成している。小久保の400号到達時の39歳7カ月は、金本の40歳1カ月に次ぐ年長記録。大卒選手では長嶋茂雄、田淵幸一、山本浩二、金本知憲に次いで5人目。初本塁打は1994年7月5日のロッテ13回戦(北九州)で園川から。《朝日新聞》

【卓球世界選手権・混合】岸川聖也・福原愛組が銅メダル獲得

卓球の世界選手権個人戦第5日は12日、オランダのロッテルダムで行われ、混合ダブルスで岸川聖也(スヴェンソン)福原愛(ANA)組は準決勝で中国ペアに0―4で完敗した。3位決定戦がないために銅メダルが確定し、1977年大会銀メダルの田阪登紀夫、横田幸子組以来の34年ぶりのメダル獲得となった。《共同通信》

5月12日/のできごと