平成8050日目

2011/01/22

【全日本卓球女子単】石川佳純選手(17歳)が初優勝

卓球の全日本選手権第5日は22日、東京体育館で行われ、女子シングルスは17歳10カ月の石川佳純(ミキハウスJSC)が決勝で藤井寛子(日本生命)を4―0で下して初優勝した。同種目で高校生日本一は1988年度大会を史上最年少の17歳1カ月で優勝した佐藤利香以来で22大会ぶり。

石川は準々決勝で渡辺裕子(日立化成)、準決勝で福原愛(ANA)をそれぞれ4―1で退けた。過去5度優勝の平野早矢香(ミキハウス)は準々決勝で藤井に敗れた。初制覇を目指した福原は、女子ダブルスも5回戦で敗退した。

男子ダブルス決勝は広州アジア大会銅メダルの松平健太(早大)と丹羽孝希(青森山田高)の10代ペアが、5連覇を狙った水谷隼(明大)岸川聖也(スヴェンソン)組を3―1で破って初優勝を飾った。《スポニチ》

広告




【大相撲初場所14日目】横綱白鵬が6連覇

大相撲初場所14日目は22日、今場所初の満員札止めとなった東京・両国国技館で開かれ、東横綱白鵬(25)=モンゴル・ウランバートル出身、宮城野部屋=が大関把瑠都を豪快なすくい投げで下して13勝1敗とし、千秋楽を待たずに6場所連続18度目の優勝を決めた。

6連覇は、2度達成した大鵬、7場所連続の朝青龍に次ぎ史上3人目。ただ1人2敗で追っていた平幕隠岐の海が関脇稀勢の里に敗れ、白鵬が結びの一番で勝ったために決定した。

2006年初場所で栃東(現玉ノ井親方)が優勝したのを最後に丸5年、30場所連続で外国出身力士が制した。

史上2位の63連勝の記録を持つ白鵬は、11日目に稀勢の里に敗れて連勝が23でストップしたが、その後立て直した。《スポニチ》

【枝野幸男官房長官】普天間飛行場を視察

来県中の枝野幸男官房長官兼沖縄担当相は22日午前、宜野湾市の嘉数高台公園から米軍普天間飛行場を視察した。枝野氏は沖縄防衛局の真部朗局長からヘリの飛行ルートや周辺民間施設との位置関係、訓練の状況などについて説明を受けた。

枝野氏は市立普天間第二小学校や2004年に米軍ヘリ墜落事故が起きた沖縄国際大学の位置を確認し、「近いですね」などと感想を述べていた。ヘリは駐機していたが、訓練は行われていなかった。《琉球新報》

【菅直人首相】鳥インフルエンザ対策本部を開催

1月22日は何の日【菅直人首相】鳥インフルエンザ対策本部を開催
http://www.kantei.go.jp/

22日、菅首相は官邸で鳥インフルエンザ対策本部を開催した。本対策本部は、宮崎県宮崎市において鳥インフルエンザの発生が確認されたことを受けて緊急に開催したもので、対応について話し合われた。《首相官邸》

1月22日/のできごと