平成8044日目

2011/01/16

【阿久根市長選挙】西平良将氏が初当選

鹿児島県阿久根市の竹原信一前市長(51)のリコール(解職請求)成立に伴う市長選は16日に投票、即日開票され、無所属新人で養鶏業の西平良将氏(37)が、3選を目指した無所属の竹原氏を破り、初当選した。専決処分を繰り返すなどの竹原氏の市政運営の是非が主な争点だった。


https://www.news24.jp/

竹原氏は2008年、市長に当選したが、市議会と対立し、2度の不信任決議で09年に失職。出直し市長選で再選されたが、議会を開かず専決処分を繰り返したことから市民団体などがリコール運動を展開し、10年12月の住民投票で、再び失職した。西平氏はリコール運動を主導した市民団体の元役員。

ただ、議会についても、解散の是非を問う住民投票が2月20日に投開票されることが決まっている。阿久根市政の混乱はなお続きそうだ。

投票率は82.39%で、前回を0.2ポイント下回った。《日経新聞》



【長嶋茂雄さん】50年ぶりに大相撲観戦

元巨人監督の長嶋茂雄氏が16日、東京・両国国技館で行われた大相撲初場所8日目を観戦した。

約50年ぶり2度目の大相撲観戦という長嶋氏。幕内前半戦から正面西側の通路に置いた椅子に座り、結びの一番まで見届けた。長嶋氏は日本相撲協会を通じ「感動した。相撲は大好きで、テレビではいつも見ていたけれど、やっぱり生は迫力が違うね。力士のぶつかる音、ほとばしる汗。館内の雰囲気は素晴らしかった」とコメント。帰り際に出くわした大関把瑠都と握手をしたという。

長嶋氏から観戦前にあいさつを受けた相撲協会の放駒理事長(元大関魁傑)は「20年くらい前にゴルフ場で偶然会って以来。来ていただいてうれしい」と喜んでいた。《スポニチ》

【菅直人首相】首相補佐官に細野氏

菅直人首相は16日、首相補佐官に民主党の細野豪志元幹事長代理を起用する人事を内定した。首相は同日午後、細野氏や福山哲郎官房副長官らを公邸に呼び、24日に開会する通常国会の所信表明演説に関する打ち合わせを行った。《共同通信》



1月16日のできごと