平成7952日目

2010/10/16

【前原誠司外相】「日本を北海道をもっと豊かにする」

前原誠司外務大臣は16日、北海道千歳市内で行われた街頭演説会で挨拶し、「私たち民主党は、この国をどうしたら豊かな国にできるかを考えてきた。この国をより豊かに変えるために民主党に皆さんの勇気を与えてほしい、民主党をどんどん使ってほしい、民主党を政権で働かせてほしい」と力強く訴えた。

前原外務大臣は、政権交代がなぜ起こったのかと聴衆に向けて問いかけ、「それは、将来日本に少子高齢化社会が訪れることは分かっていた。莫大な借金がどんどん積み重ねられてきた。これらのことに自民党は対応することができなかったからだ」と、その理由を指摘。民主党政権では、これらの問題から逃げることをせず、しっかりと取り組んでいくとの姿勢を強く打ち出した。

また、この北海道をどう豊かにしていくかについて前原外務大臣は、「観光業の充実、とりわけ海外からの観光客の誘致を進めていく。さらに私たちがセールスマンとなって、世界に北海道の名産品を売り込んでいく」と、新千歳空港の発着枠の拡大、農業の充実による道産品の積極的な海外への売り込みなどの具体例を挙げ、北海道での雇用、景気対策を進め、豊かで安心して暮らせるようにしていくとの考えを示した。

そして、前原外務大臣は、「私たち民主党は、政権交代直後からどのようにすればこの国は豊かになるのか、豊かにならなければ社会保障は安定しない、雇用は生まれない、地域は発展しない」と考え行動してきたと力説。全てのポイントはどうすれば経済が上向いていくかだと話し、そのための種を蒔いてきたと述べ、「我々を信じていただいて、この日本を変える勇気を与えてほしい。日本の将来のため、北海道のために、民主党をどんどん使ってほしい、政権で働かせてほしい」と力強く訴えた。《民主党ニュース》



【この日の菅直人総理】

東京国際空港再拡張事業供用記念祝賀会

平成22年10月16日、菅総理は東京国際空港で開催された東京国際空港再拡張事業供用記念祝賀会に出席しました。《首相官邸》

【柔道・内柴正人選手】引退表明

2004年アテネ、08年北京両五輪で柔道男子66キロ級2連覇の内柴正人(32)=旭化成=が16日、国際試合など第一線から退くことを表明した。今後は指導者として活動するといい「胸を張って一線から退こうと思う。先生になるために、これからが勝負」と述べた。

今春から出身地、熊本県の九州看護福祉大女子柔道部でコーチを務めてきた。近日中に全日本柔道連盟に強化指定の辞退届を提出し、記者会見を行う予定。《共同通信》

【中国・反日デモ】イトーヨーカードーなど日系企業襲撃

中国四川省成都など3都市で16日午後、計1万人を超えるとみられる大規模な反日デモが起き、成都では日系スーパー、イトーヨーカ堂の店舗の窓ガラスなどが破壊された。沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件をめぐり、東京の中国大使館前で尖閣諸島の領有権を主張する中国への抗議デモが行われており、中国のデモはこれに対抗、「日本は釣魚島から出て行け」などと叫んだ。

中国での大規模な反日デモは、日本の国連安保理常任理事国入り問題などがきっかけとなった2005年4月以来。菅直人首相と中国の温家宝首相が今月上旬にブリュッセルで会談し、改善に向かい始めた日中関係は、再び緊張した。《共同通信》



10月16日のできごと