平成7911日目

2010/09/05

【民主党代表選】大阪・梅田で立会演説会

代表選挙の立会演説会が5日午後、大阪市内で行われ、約3000人の聴衆が菅直人、小沢一郎両候補の、日本を根本から変えようとの熱い訴えに耳を傾けた。

両候補は持ち時間15分を使い、政治主導、円高対策、雇用などをテーマに、日本を根本から変える必要性を訴えた。

演説会は、大石尚子中央選管委員が進行を務め、両候補を紹介した。また、インターネット同時中継では、のべ5000以上のユニーク視聴者数を記録し、「国民の生活が第一。」の民主党への関心の高さをうかがえる街頭演説会だった。《民主党ニュース》

9月5日のできごと(何の日)

民主党代表選で菅直人首相と小沢一郎前幹事長は5日、大阪・梅田で街頭演説会を行った。菅氏が経済立て直しに意欲を表明したのに対し、小沢氏は、菅政権を「口だけの政治主導。役人になめられてしまう」と批判した。

11日投票締め切りの党員・サポーター票獲得を目指し世論を意識した舌戦となった。菅氏は横浜市内で開かれた神奈川県議の会合にもビデオレターで出演。両陣営の国会議員は地元で集会を開き党員など地方票の争奪戦を繰り広げた。《共同通信》



【ゴルフ・フジサンケイクラシック】石川遼選手が連覇

フジサンケイ・クラシック最終日(5日・山梨県富士桜CC=7405ヤード、パー71)単独首位で出た石川遼が70で回り、通算9アンダー、275で並んだ薗田峻輔とのプレーオフの末、自身初の大会連覇を果たした。今季2勝目、アマ時代も含めツアー通算8勝目。

賞金2200万円を加えて今季の獲得賞金を6603万円余とし、今季初めて賞金ランキングでトップに躍り出た。この大会での連覇は1989、90年の尾崎将司以来20年ぶり。《共同通信》



9月5日のできごと