平成7910日目

2010/09/04

【民主党代表選】新宿駅西口で立会演説会

代表選挙の立会演説会が4日午後炎天下の東京新宿駅で行われ、約3500人の聴衆が小沢一郎、菅直人両候補の日本を根本から変えようとの熱い訴えに耳を傾けた。

開始1時間以上前から、500人近い聴衆が演説会開始を待ち、小沢、菅両候補が登場すると、割れんばかりの拍手が響いた。また、選挙公報を自ら受け取る人も多く、代表選挙への関心の高さをうかがわせた。

両候補は持ち時間15分を使い切り、政治主導、円高対策、雇用などをテーマに、日本を根本から変える必要性を訴えた。

演説会は、津島恭一中央選管委員が進行を務め、川上義博中央選管委員が両候補を紹介し、「民主党がんばろう」で締めくくられた。《民主党ニュース》



【サッカー・キリンチャレンジカップ】日本1−0パラグアイ

サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップの日本ーパラグアイは4日、横浜・日産スタジアムに6万5157人の観衆を集めて行われ、日本は後半19分に香川(ドルトムント)が得点し1−0で競り勝った。日本はワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦でPK戦の末敗れた相手を見事に破り、W杯後の初戦を白星で飾った。

原監督代行が指揮した日本は、本田(CSKAモスクワ)を中心に積極的に攻めて好機をつくった。守備ではGK川島の好守などで、W杯代表9選手が先発したパラグアイを無得点に抑えた。《共同通信》

Embed from Getty Images

日本代表の監督選考が難航した影響で、8月29日に来日したばかりのザッケローニ新監督は、新チームの船出の一戦で指揮を執ることはできなかった。選手の写真入りの名簿を持ち歩き、スタンドからじっと目を光らせたこの日の試合はあくまで勉強だった。

試合後、日本の控室を訪れたザッケローニ監督は原監督代行に「おめでとう。いい試合だった」と声をかけ、選手たちをねぎらった。《共同通信》

【中日・山本昌投手】最年長完封勝利

巨人0-3中日◇4日◇ナゴヤドーム

中日山本昌投手(45)が巨人打線を6安打完封し、45歳0カ月でのプロ野球史上最年長完封記録を樹立した。50年若林(毎日)の42歳8カ月を60年ぶりに大幅更新。45歳以上のシーズンで年間4勝もプロ初の快挙。大ベテランの記録的1勝でチームはナゴヤドームで巨人戦8連勝を飾り、首位阪神とのゲーム差を0・5に縮めた。《日刊スポーツ》



9月4日のできごと