平成7878日目

2010/08/03

【この日の菅直人総理】

消費税「議論は当然」

菅直人首相は3日の衆院予算委員会で、経済情勢に関し「景気は一定の改善が見えているが、雇用状況は厳しい。何らかの対応が必要か、検討しなければならない時期だ。十分に検討したい」と述べ、追加的な経済対策の検討を始める意向を表明した。


https://www.kantei.go.jp/

税制の抜本改革では、所得税の最高税率が引き下げられて格差が広がっていると指摘。「所得の再配分機能を強めることも念頭に、年末までの税制改正に向けて政府税調などで議論をお願いしたい」と述べ、最高税率引き上げを検討する意向を示した。

消費税については「引き上げることも含めて議論するのは当然だ」と強調、税制改革に関する超党派協議の実現を重ねて呼び掛けた。《共同通信》

記者ぶら下がり

3日夜、菅直人総理(代表)は官邸内で記者団の質問に応えた。

同日の予算委員会での議論を受け「景気の状況については一般的には回復過程にあると見ているが、雇用の状況等、まだまだ不十分な点、将来まだ危ない点、色々とある」としたうえで、「景気の動向を常に注視をして、対応を常に考えておかなければならない」との見解を示した。《民主党ニュース》



【東京地検】日本振興銀行前会長ら4人を起訴

日本振興銀行(東京・千代田)の検査妨害事件で、東京地検は3日、業務に関する電子メールを意図的に削除して金融庁検査を妨害したとして、前会長のA容疑者(48)ら計4人と、法人としての同行を銀行法違反(検査忌避)罪で起訴した。

同行を巡っては取引先との間で不自然な融資なども指摘されており、警視庁は取引実態の解明を目指す。《日経新聞》

【ゴルフ・石川遼選手】米国へ

男子ゴルフの石川遼が3日、今季メジャー最終戦の全米プロ選手権(12~15日・米ウィスコンシン州コーラー)などに出場するため、成田空港から米国に出発した。「1秒1秒を大切にして戦いたい」と力強く抱負を語った。

先の全英オープン選手権でメジャー大会自己最高の27位と健闘するなど連戦が続く石川だが「睡眠を取ってだいぶ回復した。あっちに行ってから体調を整えたい」と意欲満々。全米プロの前に5日から世界選手権シリーズのブリヂストン招待(米オハイオ州アクロン)に出場する。《スポニチ》

【この日の民主党】

柳田参院幹事長「厚生労働分野の経験を生かして頑張っていきたい」

柳田稔参院幹事長は3日国会内で参院幹事長就任後はじめての会見を行い、就任にあたって、これまで参院厚生労働委員長など厚生労働関係の分野での活動が多かったことから、「年金、医療、介護、福祉などでの活動の経験を生かしながら頑張っていきたい」と意気込みを表明した。

次に国会議員の定数削減について菅直人総理(代表)が参議院の定数を40削減する方針を示したことについて感想を求められ、「マニフェストにも書かれた内容なのでその方向で検討するのは当然のことだと思っているが、参議院の選挙区に対する1票の格差是正についても同時に処理をしなければならないので、(削減数から考えると)相当難しいことになるのではないか」と述べた。そのうえで柳田参院幹事長は、「他党と協議する前にまず、民主党としての考えをまとめていかなければいけない」として出来るだけ早く党内で参議院定数40削減について議論をスタートしていかなければならないとの認識を表した。

続いて、参議院では与党議席が野党議席を下回るいわゆる「ねじれ国会」となっていることから参院幹事長としてどのようにやっていくかとの問いには、「各会派のご意見を聞いて合意形成を作りながら進めていくというスタンスを持っている。このことは党全体のことであるので、第一義的には党対党でいろいろ話をしてもらうことになるだろう」と答えた。《民主党ニュース》



8月3日のできごと