平成7671日目

平成22年1月8日(金)

2010/01/08

【スキージャンプSTV杯】高梨沙羅選手(13歳)優勝

ノルディックスキー・ジャンプのSTV杯レディースは8日、札幌・宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル)であり、13歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が1回目に91メートル、2回目に最長不倒の94.5メートルを記録して232.5点で初優勝を飾った。1回目に高梨と並んで首位だった渡瀬あゆみ(神戸クリニック)は229.0点の2位だった。《朝日新聞》




【大相撲・貴乃花親方】二所ノ関一門からの離脱を宣言

大相撲の元横綱、貴乃花親方(37)が所属する二所ノ関一門を離脱し、日本相撲協会の理事選に立候補することになった。現在3人の理事を輩出している同一門は8日、東京・両国国技館で臨時会合を開催。立候補者を4人から3人に絞り込もうとしたが、調整がつかない状況に貴乃花親方は一門を離脱しての出馬を表明した。初場所(10日初日、両国国技館)後に行われる理事選(日程未定)で当選を目指す。

平成の大横綱が無所属での理事選出馬を決断した。二所ノ関一門会の開始から2時間が経過した午後1時3分。会場の相撲教習所から出てきた貴乃花親方は「あらためて立候補させていただきます、という話をしました」と揺るぎない決意を吐露。そして「大多数の意見に従うということです。先輩方の意見も大事なので、一門を出る(離れる)ことになりました」と一門離脱を宣言した。《スポニチ》

【鳩山由紀夫首相】日韓安保宣言を検討

鳩山由紀夫首相は8日午前、年内に予定される韓国の李明博大統領の来日に向け、日韓両首脳による安全保障分野の共同宣言について「具体的に行うかどうかも含めてこれから考える」と述べ、検討する意向を表明した。ただ日韓両政府の外交当局内には慎重論も根強く、実現するかどうかは見通せない。《共同通信》

1月8日のできごと