平成7632日目

平成21年11月30日(月)

2009/11/30

【沖縄県・仲井真弘多知事】普天間移設「危険性の除去を」

鳩山由紀夫首相は30日午前、首相官邸で沖縄県の仲井真弘多知事と会い、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の移設問題をめぐって意見交換した。首相と同知事の会談は27日に続いて2回目。同知事は首相の発言を契機に「県内で普天間基地の県外・国外移設を求める声が高まっている」と伝え、同基地の「危険性除去」など基地負担の軽減策の必要性を盛り込んだ要望書を手渡した。

首相は普天間基地の移設先などを決断する時期について明言せず、外務・防衛担当閣僚の枠組みによる日米協議の結論が出るのを待って、最終判断する意向を伝えた。

会談に先立ち、首相は30日朝、首相官邸前で記者団に「沖縄県側の思いをしっかりと受け止めていきたい」と表明。「ずるずると(結論を)延ばし続けると何が起きるか分からない。無責任にずっと延ばすことはできない」と早期決着に意欲を示した。《日経新聞》




【鳩山由紀夫首相】献金問題での辞任否定

鳩山由紀夫首相は30日午後の参院本会議で、自身の偽装献金問題への責任の取り方について「私に対する司法の判断を待ち、その結果に基づいて首相としての使命を果たしていきたい」と述べ、現時点では辞任しない考えを表明した。自民党の秋元司氏への答弁。

首相は「心からおわびしたい。何も知らなかった不明を深く感じ入っている」と献金疑惑を改めて陳謝。そのうえで「全容解明がすんだあかつきには、結果を踏まえて私自身が国民に説明すべきだと思っている」として、捜査にメドがついた段階で自身が説明する姿勢を強調した。

偽装献金の一部に実母の資金も含まれていたとの疑惑については「仮に母親から資金提供があったなら、検察の事実解明を待って、法に照らして適切な対応を取っていきたい」と語った。《日経新聞》

【岡田克也外相】普天間問題の年内解決強調

岡田克也外相は30日、外務省内で米太平洋軍のロバート・ウィラード司令官と会談した。外相は「戦略的な日米安全保障協力を進めていくためにも目の前の問題を解決することが重要」と指摘。米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「困難な問題だが、できるだけ年内にも解決していきたい」と述べ、改めて年内解決を目指す意向を強調した。

司令官は「普天間の問題は在日米軍再編の要となっており、2国間のワーキンググループを通じて迅速に解決されることを信じている」と語った。アフガニスタンやパキスタン支援にも連携して対応することを確認した。1日には北沢俊美防衛相と会談する。《日経新聞》

【行政刷新会議】仕分け結果「最大限に尊重」

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は30日の会合で、2010年度予算の概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」で作業グループが判定した約450事業の結果について「最大限、尊重する」ことを決めた。仕分け結果や同会議が決めた予算査定の基本方針を踏まえ財務省が査定を本格化する。地方交付税交付金や診療報酬といった「政治銘柄」や、政府内で意見が割れる科学技術予算は閣僚折衝などに決着を持ち越すが、調整は難航しそうだ。

事業仕分けで基金返納を求めた政府関連の公益法人、独立行政法人などについて年明け以降、見直し作業に入る方針も決定した。

同日の会合では、作業グループが先に9日間、公開で議論して判定した「廃止」や「見直し」などの結果を仙谷由人行政刷新相が報告。事業ごとに判定を議論して覆したり、正式決定したりすることはせず、結果の最大限の尊重という形で了承した。行刷相は会合後の記者会見で「事業仕分けと異なる予算措置を行う場合は(査定・要求官庁に)国民が納得する説明責任が課される」と強調した。《日経新聞》

【宮城県警】1歳娘に売春させた31歳の女を逮捕

当時1歳だった自分の長女を男に引き合わせ、わいせつな行為をさせたとして、宮城県警は30日、児童福祉法違反の疑いで東京都足立区のパート従業員の母親(31)=児童買春・ポルノ禁止法違反罪で起訴=を再逮捕した。「金が欲しかった」と容疑を認めているという。《共同通信》

11月30日のできごと