平成7629日目

平成21年11月27日(金)

2009/11/27

【岡田克也外相】「核密約」徹底検証を要請

米軍核搭載船の日本通過・寄港を黙認する日米間の「核密約」などを精査する有識者委員会の初会合が27日、外務省で開かれ、岡田克也外相は徹底検証を要請した。鳩山由紀夫首相は官邸で記者団に「真相が判明すれば、今ままでの判断と異なる可能性が出てくる」と述べ、密約を否定してきた政府見解の修正に言及した。《共同通信》




【事業仕分け】電源立地交付金「見直し」

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の作業グループは27日午前、2010年度予算の概算要求の無駄を公開で洗い出す「事業仕分け」の最終日となる9日目の作業に入った。経済産業省所管で、国が発電所のある地方自治体に出す電源立地地域対策交付金(要求額約1149億円)は「見直し」と判定。財務省所管の独立行政法人で、紙幣や貨幣を製造する国立印刷局と造幣局の組織運営は「抜本的見直し」と結論づけ、保有資産の売却も求めた。

事業仕分けは今月11日から開始。27日で合計9日間の作業を終える予定だ。鳩山首相は同日、「事業仕分けは国民の関心が高い。国民が国の予算にある意味でタッチできる。画期的な議論で、大変意味があったと評価している」と首相公邸前で記者団に語った。

電源立地地域対策交付金を巡っては、交付金の使途について「地方自治体が自由に使えるようにすべきだ」と結論づけた。と火力発電所がある自治体への交付金については、環境への配慮から減額するよう求めた。《日経新聞》

【ロシア】爆弾テロで列車が脱線

ロシアのセルゲイ・ショイグ緊急事態相は28日、首都モスクワからサンクトペテルブルクに向かっていた旅客列車が27日夜、脱線事故を起こし、少なくとも25人が死亡したと述べた。負傷者数の情報は錯綜しているが、96─102人となっている。18人が行方不明となっている。

国営ラジオなどによると、現地時間の午後9時半ごろ、サンクトペテルブルクから約280キロの地点で、同国の新幹線に当たる特急列車「ネフスキー・エクスプレス」が脱線した。座席は663席が埋まっていたとされ、現場には20台以上の救急車などが駆けつけて、横転した車両から乗客らを助け出す作業に当たった。脱線したのは少なくとも3両で、130人以上が乗っていたという。車内に閉じ込められた乗客の救出作業が続いている。警察は、線路の下に爆発でできたような穴が開いているのを見つけ、詳しく調べている。《CNN》

【プロ野球・日本ハム】木田優夫投手の獲得を発表

日本ハムは27日、今季限りでヤクルトを戦力外となった木田優夫投手(41)の獲得を発表した。1年契約で年俸は1000万円。背番号は42が有力。島田チーム統轄本部長は「1年の間に、短くてもいいから戦力になってくれればと思う。経験の部分?そういうことです」と評価。先発、中継ぎと役割は定めずにマルチな活躍を期待した。《スポニチ》

11月27日のできごと