平成7507日目

2009/07/28

【中田宏横浜市長】辞職願提出

横浜市の中田宏市長(44)は28日午後、市議会議長に辞職願を提出し、記者会見で辞任を表明した。8月30日の衆院選には立候補せず、政局の動向を見極めて国政転出の機会を探るとみられる。市長選は衆院選と同日になる見通し。《福井新聞》




【マリナーズ・イチロー外野手】メジャー初のサヨナラ打

ブルージェイズ3-4マリナーズ◇28日◇セーフコフィールド

マリナーズのイチロー外野手(35)が、メジャー9年目で初のサヨナラ打を放った。3-3の同点で迎えた9回二死満塁から中前打。日本時代には4度経験あるが、米国では通算1953安打目で初めてサヨナラ劇の主役となり、4連敗中だったチームを救った。

この日は4打数3安打と4試合連続マルチ安打。メジャートップを走る打率を3割6分6厘まで引き上げ、2位マウアー(ツインズ)に8厘差をつけて、早くも独走態勢に入った。《日刊スポーツ》

【麻生太郎首相】「民主党の安保政策は極めて不安」

民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)をめぐり28日、麻生太郎首相や各閣僚から閣僚懇談会や記者会見で「無責任なばらまき」などの批判が相次いだのに対し、民主党の鳩山由紀夫代表らが「私たちは無駄遣いをなくす」などと反論、財源論を中心に激しい応酬が繰り広げられた。

首相は閣僚懇談会で「民主党の安全保障・外交政策は極めて不安だ。政権を委ねるわけにはいかない」と強調。河村建夫官房長官は会見で「民主党は定額給付金をばらまきだと言ったが、その上をいくばらまきで財源もない」と酷評した。《福井新聞》

【歌手・川村カオリさん】死去

「ZOO」のヒットで知られ、がんを告白し闘病生活を続けていた歌手川村カオリさんが28日午前11時1分、都内の病院で、乳がんのため死去した。38歳だった。04年に乳がんが見つかり摘出手術を受けたが、その後がんの再発と転移が見つかり、抗がん剤の治療を続けていた。がんと闘いながら12年ぶりのソロ活動を再開させ、今年5月にはライブを敢行。だが、新たな転移が見つかり入院、治療に専念していた。《日刊スポーツ》

7月28日/のできごと