平成7506日目

平成21年7月27日(月)

2009/07/27

【民主党】マニフェスト発表

7月27日のできごと(何の日)【民主党】マニフェスト発表

民主党の鳩山代表は27日、東京都内のホテルで記者会見を開き、衆院選の政権公約(マニフェスト)を発表した。

「税金の無駄遣いをなくして国民生活の立て直しに使う」ことが政権交代の意義だと位置づけ、「子ども手当」支給など手厚い家計支援策を前面に打ち出したのが最大の特徴だ。新規政策を完全実施する2013年度には16・8兆円の財源が必要となるが、「無駄の根絶」などで確保できるとした。外交では日米関係重視を鮮明にするなど現実路線に転換。首相直属の「国家戦略局」を創設するなど政治主導の政策決定を目指すことも掲げた。

鳩山氏は記者会見で「公約が実現できなかった時には、政治家としての責任を取る」と明言した。《読売新聞》

民主党は27日発表したマニフェスト(政権公約)で、自民党が総選挙の争点に掲げる消費税への言及を見送った。鳩山由紀夫代表は会見で、増税論議を容認する意向を示し、これまで一貫して主張してきた「4年間は議論すべきでない」との方針を撤回した。しかし、将来の増税に含みを残しながら、その方針に一切言及しない政権公約は、不誠実との印象を与えかねず、民主党に対する財源批判は今後も続くのは必至だ。

マニフェストには「子ども手当」創設や高校授業料無償化、高速道路無料化など家計重視の政策が並んだ。政権奪取後4年目に必要な政策財源を16.8兆円と試算。このうち、公共事業見直しなどで9.1兆円、特別会計の剰余金「埋蔵金」活用などで5兆円を手当てするとしている。《時事通信》




【麻生太郎首相】民主党マニフェスト「無責任、危ない」

麻生首相は27日、民主党が発表した政権公約(マニフェスト)で、子ども手当創設や公立高校無償化などを掲げたことに関し、「財源が無責任、極めてあいまいだ。ばらまきの話は、極めて危ない」などと批判した。首相官邸で記者団に答えた。

インド洋での海上自衛隊の給油活動中止を盛り込まなかったことについても、「(民主党は)インド洋に自衛隊を派遣するのは憲法違反だと何回も言っていたと記憶している。今は憲法違反じゃなくなったんでしょうか」と指摘した。《読売新聞》

7月27日のできごと