平成7496日目

2009/07/17

【北海道・大雪山】ツアー登山などで10人死亡

北海道・大雪山系のトムラウシ山(標高2141メートル)と美瑛岳(標高2052メートル)で登山ツアー客らが悪天候により遭難し、これまでに10人の死亡が確認された。

トムラウシ山では16日、18人の登山パーティーから頂上近くで悪天候で身動きがとれなくなったと警察に救助を求める連絡があった。北海道警察の救援隊が救助に向かったが、17日までに8人の死亡を確認した。

このほか、個人で同山に登っていたとみられる男性1人が、遺体で見つかった。また、トムラウシ山に近い美瑛岳でも、登山客の女性1人が死亡した。

気象庁職員によると、登山客らの遭難時、現地は低気圧の通過とともに風速20以上の暴風雨が吹き荒れており、気温も10度まで低下していたという。《AFP》




【最高裁】オウム・早川被告の上告棄却、死刑確定へ

坂本弁護士一家殺害など7事件で殺人罪などに問われ、一、二審で死刑とされたオウム真理教元幹部早川紀代秀被告(60)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は17日、被告側上告を棄却した。死刑が確定する。

教団の一連の事件で死刑が確定するのは、元教団代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(54)らに続き6人目。ほかに元幹部の井上嘉浩(39)、新実智光(56)両被告ら7人が二審で死刑とされ、最高裁に上告している。《時事通信》

【麻生太郎首相】21日午後に解散

自民党の細田博之幹事長は17日、党本部で記者会見し、中川秀直元幹事長らが総裁選前倒しを視野に要求した両院議員総会は開催せず、代わりに麻生太郎首相も出席して21日に両院議員懇談会を開くと発表した。

正式な議決機関である総会開催が見送られたことで、中川氏らの「麻生降ろし」は困難となった。これを受け首相は当初方針通り21日午後に衆院を解散する意向を固めた。《福井新聞》

7月17日/のできごと